▼【素材別】キレイに長持ちさせるためのソファ掃除方法

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


【素材別】キレイに長持ちさせるためのソファ掃除方法

 

大切なソファはできるだけきれいな状態で長持ちさせたいですよね。
そのためには使用方法だけでなく、掃除方法にも注意を払う必要があります。
どのような掃除方法が最適なのか、ソファの素材別に詳しく見ていきましょう。

 

 

布ソファの掃除方法

 

布ソファは柔らかくて触り心地が良い点が魅力ですが、汚れやニオイが染み込みやすいという難点もあります。だからこそ、こまめな掃除で快適な状態に保つことが大切です。

 

【普段のお手入れ方法】
布ソファの普段の掃除には掃除機を使用しましょう。
布地に絡みついたホコリや汚れがあるときは、柔らかいブラシで取り除いてから掃除機をかけます。その後、固く絞った濡れタオルで、ソファの表面を拭いておきましょう。

 

【ニオイ取りには】
ニオイが染みこんでしまった布ソファには、重曹を使います。
ソファ全体に重曹をまんべんなくかけて、数時間から一晩ほど放置します。
その後、掃除機で重曹を丁寧に吸い取りましょう。
重曹がニオイを吸着し、消臭効果をもたらしてくれます。

 

【食べ物汚れには】
食べ物汚れには台所用の中性洗剤が有効です。
ブラシの先に洗剤をつけて軽くこすってから、お湯で絞ったタオルでぬぐい取りましょう。

 

【油汚れには】
口紅やファンデーションなど、油分の多い汚れにはベンジンを使用します。
布切れにベンジンをつけて、油汚れをつまむように落としましょう。

 

 

合皮ソファの掃除方法

 

【素材別】キレイに長持ちさせるためのソファ掃除方法

 

合皮ソファは汚れがつきにくく、お手入れしやすい素材と言えます。
ただし傷やヒビ割れ、色落ちなどが発生しやすいので、正しい掃除方法を知っておくのが大切です。

 

【普段のお手入れ方法】
普段のお手入れは乾いた雑巾やダスターなどで、表面のホコリを取り除く程度でOKです。
なお、合皮に掃除機を使用すると表面に傷がついてしまうので、使わないようにしましょう。

 

【汚れが気になるときは】
合皮の汚れや黒ずみが気になるときには、消毒用エタノールが有効です。
エタノールをタオルにつけて、表面の汚れを拭き取りましょう。
その後は水拭きと乾拭きをして完了です。

 

 

本革ソファの掃除方法

 

本革ソファは風合いが良く、長年愛用できる高級品です。
ただしこちらも掃除方法を間違えるとシミや色落ちが発生するので注意しましょう。

 

【普段のお手入れ方法】
合皮の普段のお手入れ方法とほぼ同じです。
こちらも掃除機は使わないようにしましょう。

 

【汚れが気になるときは】
本革ソファの汚れ落としには必ず本革専用のクリーナーを使用してください。
中性洗剤やアルコールが禁物です。シミができたり革が傷ついたりする原因になってしまいます。

 

ソファの素材によっては洗剤でシミや色落ちが発生してしまう恐れがあります。
掃除に洗剤を使うときは必ず目立たないところでテストをしてから使用しましょう。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04