▼梅雨に入る前の手入れが重要!効果的なソファーの除菌方法

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


梅雨に入る前の手入れが重要!効果的なソファーの除菌方法

 

湿度が高くなる梅雨から夏の期間は、雑菌の繁殖が非常に活発になる時期。菌が増殖した後では除菌や清掃が難しくなってしまうので、なるべく梅雨に入る前にクリーニングを行っていきたいところです。
特に普段洗うことのできない「ソファー」は、早めの除菌で清潔を保ちたい場所のひとつ。
今回はソファーの除菌方法とポイントについて紹介していきます。

 

 

ソファーの除菌方法

 

ソファーは重く大きいため、そのまま洗うことが難しい家具です。
そのため掃除がおろそかになってしまう人も多いのですが、実は人間の髪の毛や汗などが付くソファーは菌が繁殖しやすいかなり危険な場所でもあります。

 

布張りのソファーは除菌スプレーなどを定期的に吹きかけるようにしましょう。
除菌スプレーがない場合は、自宅で炭酸ソーダ水(苛性ソーダではない)とクエン酸を使って除菌スプレーを作ることもできます。
作り方も簡単で、炭酸ソーダ水とクエン酸を小さいスプーンにすりきり1:2の割合でスプレーの入れ物に入れ、その容器に水を500cc足すだけでOK。
これをソファーにスプレーすれば、手軽に奥まで除菌を行うことができます。大きなクッションなど、クリーニングに出さないと洗えないようなものにもこの除菌スプレーは有効です。

 

炭酸ソーダやクエン酸は、100円ショップやドラッグストアでも白い粉の状態で購入できるので、安く手軽に行えるのも嬉しいポイントです。

 

ただ水に溶かした炭酸ソーダとクエン酸は、時間が経つと水分が蒸発し粉の状態に戻ってしまいます。
口に入ると良くないため、布団などの顔をつけるような場所へは過剰に吹きかけないようにしましょう。

 

 

スプレー後は天日干しをして除菌効果アップ!

 

梅雨に入る前の手入れが重要!効果的なソファーの除菌方法

 

雑菌は水気のある場所に繁殖してしまうため、布製品は「しっかり乾かすこと」が菌の増殖を防ぐポイントとなります。
最も簡単にしっかり湿気がとれる方法はやはり天日干し。
ソファーやベッドは重いため天日干しをすることができませんが、クッションやソファーカバーなどは天気の良い時に天日干しをすると良いですね。

 

どうしてもソファーの湿気が気になる場合には、布団乾燥機やドライヤーなどの家電を用いてソファーを乾燥させるのもオススメです。ソファーをしっかり乾燥させることで、菌の繁殖を防ぐだけでなくダニ対策にもなります。

 

 

掃除機をかけることで、菌やダニのエサになる髪の毛や垢を減らす

 

洗濯のできないソファーですが、溜まった汚れを掃除機で吸い込むことはできます。しっかり除菌・乾燥させたら、掃除機を使ってしっかり汚れを吸い取っていきましょう。

 

人の髪の毛やフケ・垢などは菌やダニのエサになるため、掃除機はこまめにかけるのがベター。
大掃除などの際には、ソファーをひっくり返して裏側もかけるとより効果的です。

 

丸洗いすることが難しいソファーですが、正しくケアしていくことで清潔に使うことができるもの。
梅雨の時期が始まる前に除菌対策を行って、ソファーを気持ち良く使っていきましょう。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04