▼ガジガジ禁止! 犬・猫がいる家のソファー対策

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


ガジガジ禁止! 犬・猫がいる家のソファー対策

 

リビングの顔とも言えるソファーは、一度買えば10年近く使うという人も多いと思います。初期投資が大きい分、少しでも長く綺麗に使いたいと皆さんも考えるのではないでしょうか?

 

しかし犬や猫を室内で飼っていると、どうしてもペットを飼っていない家庭よりも劣化が早くなってしまうものです。

 

そこで今回は、室内で犬や猫を飼っているご家庭のために、ソファーを守る方法をご紹介します。

 

 

犬や猫によるソファーの被害

 

ペットを室内で飼う方は、まずペットの習慣を理解しなければなりません。

 

(犬の習慣)
・甘噛み
特に子犬の頃に見られる習慣です。歯の生え変わり時に感じるムズ痒さ、もしくはストレスの発散や不安を解消するために甘噛み癖が出る子犬がいます。ソファーの角や肘掛を噛む子犬が多々います。

 

・爪害
子犬から成犬になるにあたり、犬はヤンチャ盛りになります。室内でも屋外でも関係なく、走り回ることも少なくありません。その際にソファーにダイブし、またソファーを蹴って勢い良く飛び降りるなどします。その際に爪でソファーが傷つきます。この他に、犬は寝床を整える際に穴を掘るという修正があります。その名残で、特にソファー背もたれとの座る部分の溝を掘ろうとしてソファーを引っかいてしまいます。

 

(猫の習慣)
・爪砥ぎ
室内で猫を飼っている家庭のほとんどが困っている、猫の習慣ではないでしょうか。ソファーはもちろん、障子に襖にドアに柱と、ひっかけるものがあれば猫は所構わずに爪を立てます。

 

・爪害
猫はソファーがあればほぼ間違いなく、ソファーの上で寝ます。そして起きると、これまた間違いなく「伸び」をして、爪を立ててしまうのです。その際に猫の爪はかなり深く突き立てられます。

 

 

犬猫にソファーを傷つけさせない方法

 

ガジガジ禁止! 犬・猫がいる家のソファー対策

 

・甘噛みには矯正スプレー
犬の甘噛み癖を治すためのスプレーを利用しましょう。ソファーにスプレーを吹きかけることで、犬にとってキツイ匂いや苦い味をソファーにつけることができます。

・犬のストレス発散
ストレスが溜まってソファーを噛んだり、部屋の中で走り回らないようにするためには、犬と定期的に、それも長い時間散歩をしたり外で遊んだりすることが効果的です。もしくは室内でソファーの代わりに噛んで遊べるものを用意しましょう。

・爪砥ぎ場所を提供
猫の爪砥ぎ対策として真っ先に挙げられるものは、砥ぎ木を家のいたるところに置くことです。それも猫が簡単に行ける場所、猫にとって分かりやすいところが良いでしょう。

・ソファーカバーで覆う
犬が飛び乗ったり降りたり、猫がソファーの上で爪を立てても良いように、ソファーをソファーカバーで覆うことをオススメします。カバーなら汚れがたまっても選択することができますので、犬・猫の毛や涎、ノミ・ダニ対策にも繋がります。

 

 

傷ついたらメンテナンスを

 

皮ソファーや合皮ソファーの場合、爪によって付いた傷は痕が残ります。深い傷は専門家による修理が必要ですが、浅く小さい傷であれば日頃のメンテナンスと一緒に自分で対処することができます。

 

クリーナーでソファーの汚れを取ったあとは、プロテクションオイルをソファーに馴染ませましょう。ちょっとした傷なら、これで目立たなくなります。

 

ペットもまた家族です。ソファーのあるリビングで、ペットも含めた家族の皆で素敵な時間を過ごせるよう、ぜひ今回の情報をご活用ください。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04