▼失敗しない! 自分の家庭に合ったソファを選ぶポイント

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


失敗しない! 自分の家庭に合ったソファを選ぶポイント

 

ソファはご家庭にとって、金銭的にも大きさ的にも実に大きな買い物です。だからこそ、失敗しないためにじっくりと考えてから買う必要があります。

 

では、ソファを買う際には何に気をつければいいのでしょうか?

 

今回はソファを買う際に失敗しないよう、気をつけておきたい注意事項を紹介します。

 

 

ソファーを置く場所を考える

 

ソファーを買いに行く前に、まずはリビングのどこに置くのかをしっかり考えましょう。リビングの真ん中に置くのか、その場合もテーブルを囲むようにして複数買うのか、はたまたテーブルと向かい合わせにするのかイメージします。

 

壁際にくっつける際も、両端を空ける状態で壁際に置くのか、部屋の角を利用するのか考えましょう。

 

また、空いているスペースを埋める形でソファーを置くのか、それともソファー購入に合わせて部屋のレイアウトを変えるのかも重要です。

 

いずれにせよ、ソファーを置いた部屋を想定し、置く場所の広さを事前に計る必要があります。

 

 

用途を考える

 

皆さんがソファーを買う理由はなんでしょうか。ソファーの用途は、ご家庭ごとに変わってくるかと思います。

 

・くつろぎたい
仕事の後や休日に、ゆっくりとくつろぐ用のソファーをお求めでしょうか。その際は何人で座るご予定ですか? 2人で座る場合は、お店で各ソファーに表記されている「2人掛け」という言葉で決めず、実際に2人で座ってどれほどのゆとりがあるか確かめましょう。

 

・椅子として活用したい
ソファーの前にテーブルを置き、座って食事や仕事をされる方もいるかと思います。その際はソファーとテーブルの高さも考慮しなければなりません。

 

・ベッドも兼用したい
セミダブルサイズであればベッドとソファーを兼用することで、居住スペースの無駄遣いをなくしたいとお考えかもしれません。その際はソファーベッドがおすすめです。

 

・インテリア
ソファーにはインテリアとして、部屋をオシャレに見せる効果もあります。その場合はデザインを重要視する人が多いと思いますが、同時に素材も考慮して、気に入ったソファーを長く使えるかどうか考えてみましょう。

 

 

ソファを買う際の注意点

 

では最後に、ソファーを買う際の注意点についてご紹介したいと思います。

 

・ドア幅の計測する
リビングのどこに置くのか決めたら、置く場所の広さを計るように先述しました。その際には置く場所以外にも、ソファーを運ぶ際に通り道となる場所の幅、特にドアの幅を事前に計っておきましょう。ソファーを買ったは良いが入らなかったというのは、よく聞く話です。

 

・自宅の環境を考慮する
ソファーは素材ごとに弱点があります。本革はカビが生えやすく、湿気の多い家や地域には向きません。布張りのソファーは汚れやすくシミも残るので、赤ちゃんを始めとした幼い子どもがいる家庭には向かないでしょう。そして合成皮は傷がつくと表面が剥がれるようになるため、ペットを飼っているご家庭では避けるのが無難です。

 

・ソファーの硬さ
ソファーに座る時間は人によって違います。もし購入するソファーに長時間座る生活を考えているなら、少し固めのソファーをオススメします。柔らかすぎるソファーは長時間座っていると余計に疲れてしまい、そして型崩れも起こしやすいです。

 

 

それぞれのご家庭に合ったソファーを

 

失敗しない! 自分の家庭に合ったソファを選ぶポイント

 

ソファーをどのように使い、ソファーになにを求めるのかはご家庭毎に違います。大切なのは、それぞれのご家庭のライフスタイルに合ったソファーを選ぶことです。

 

今回紹介した注意点を参考にして、皆さんのご家庭にぴったり合ったソファーを購入してみてください。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04