▼さらに温かく快適に! こたつに合うソファーの選び方

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


さらに温かく快適に! こたつに合うソファーの選び方

 

「こたつ」と聞くと座椅子や座布団を思い浮かべる方は多いでしょう。
しかし最近では、こたつにソファーを組み合わせて使うスタイルも流行しています。
そこで、こたつ+ソファーのメリット、そしてどのようなソファーを選ぶべきなのか、快適性を高める重要ポイントを詳しくご紹介します!

 

 

こたつにソファーを使うことのメリット

 

≪居場所を制限されない≫
座椅子は一人分のスペースしかないため、横に寝転んだりできません。
また、違う場所に座ろうと思ったら、座椅子ごと動かす必要がありますよね。
しかしソファーなら横に長く、好きな場所に座って寝転がることができるので快適性がアップするのです。
ソファーのサイズが大きければ大きいほど、自由に動ける範囲も大きくなりますよ。

 

≪腰やお尻が痛くなりにくい≫
ソファーはクッション性が高いため、腰やお尻が痛くなりにくいというメリットがあります。
特にこたつは、一度入ったらもう出たくないほど居心地がいいもの。
長時間座ることを考えると、腰やお尻に優しいソファーのほうがこたつに向いているといえるでしょう。

 

≪こたつの暖かさをサポート≫
ソファーは床からの冷えを遮断します。
そのため、こたつの温かさをサポートしてくれるので、寒い冬でも心地よく過ごせますよ。

 

 

こたつに合うソファーの選び方

 

さらに温かく快適に! こたつに合うソファーの選び方

 

≪座面が低いソファーを選ぶ≫
こたつに合わせるソファーは、できるだけ座面が低いローソファーを選びましょう。
座面が高いものだとこたつに足がぶつかり、快適性が損なわれてしまうので注意が必要です。

 

もしどうしても高めのソファーと合わせたいなら、こたつの脚に継ぎ足し用のパーツを取り付けましょう。
こたつの高さが上がればソファーとの間に余裕が生まれ、楽に過ごすことができます。

 

≪リクライニングタイプを選ぶ≫
こたつに入っていると、ごろんと横になりたくなるもの。
そんな時のために、リクライニング機能のあるソファーを選びましょう。
自分の好きな角度でくつろげるため、より一層お気に入りの空間になりますよ。

 

≪布製のソファーがおすすめ≫
合皮や本革製のものは通気性が悪いため、こたつに合わせると蒸れやすくなります。
こたつには熱や湿気を吸収し、発散しやすい布製のソファーを選んでください。

 

≪カバーが取り外し可能なものを選ぶ≫
こたつで過ごす時間が長ければ長いほど、食べカスや汚れ、人の汗などが付着します。
いつでも清潔に保ちたいなら、カバーが取り外し可能なソファーがおすすめです。

 

≪スペースや座る人数に合うサイズを選ぶ≫
広いリビングに置く場合はコーナーソファーを組み合わせて、こたつの四方をソファーで囲みましょう。
サイズが大きい分、座れる人数も増えて家族の団らんに役立ちますよ。

 

狭いワンルームに置くなら、ミニソファーを対面式に置く方法がおすすめです。
限られたスペースでも邪魔にならず、圧迫感を軽減することができます。
このように、あなたのライフスタイルに合ったソファーを選び、より快適で心地いい「こたつライフ」を過ごしてくださいね!

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04