▼部屋が狭くても大丈夫!賢く収納スペースを増やす方法

カテゴリ:ソファーベッドの賢い選び方

 


部屋が狭くても大丈夫!賢く収納スペースを増やす方法

 

部屋が狭いため収納スペースが少なく、物の置き場に困っているという人は多いのではないでしょうか。
しかし、部屋が狭くても工夫次第で収納スペースをしっかり確保することができます。
どのようにして収納スペースを増やせばいいのでしょうか。

 

 

デッドスペースを有効活用!

 

もともと収納スペースが少ない間取りでも、「デッドスペース」というものが存在します。
この、デッドスペースを有効に活用することで、収納スペースをぐっと広げることができます。
たとえばトイレの上部分。ここは絶好の収納スペースとなります。
壁と壁の間に突っ張るタイプの棚を設置するだけで、トイレットペーパーや掃除道具などを収納しておくことができます。
カフェカーテンなどで目隠しすれば、見た目も良くなりますね。
また、ドアの上部分も意外に空間が余っているので、棚を作って収納スペースにしてしまいましょう。

 

 

壁面も収納スペースに

 

玄関やキッチンなどは、狭いけど意外と物が多い場所ですよね。
そんなときは、壁面も収納スペースとして利用するのがおすすめです。

おすすめなのは傘立てです。
玄関に傘立てをおくとそれだけでかさばり、ただでさえ狭い玄関がより狭くなってしまいます。
玄関ドアにくっつけるタイプの傘立てに変えることで、玄関の空間を広くすることができるでしょう。

キッチンでは収納棚の扉の内側も、収納スペースとして活用できます。
扉からさげるタイプの収納ラックなどを利用すれば、ラップやポリ袋などを収納することができます。
フックなどを使えばお玉や泡だて器などをさげて収納することもできますね。

 

 

押し入れもクローゼットに

 

洋服をさげて収納したいけど、押し入れしかないという場合でも大丈夫です。
カラーボックスと突っ張り棒を使うことで、簡易式ではありますがクローゼットにすることができます。
壁とカラーボックスの間に突っ張り棒をつければ、好きな幅でハンガーラックを作ることができます。
カラーボックスを使うことで、細かいものの収納にも活用できますし、スペースも有効に活用することができます。

 

 

ソファーベッドもおすすめ!

 

部屋が狭くても大丈夫!賢く収納スペースを増やす方法

 

ソファーベッドなら昼間はソファー、夜はベッドとして利用することができます。
布団を収納するスペースもなく、かといってベッドをおくほど広くない、という部屋には特におすすめです。
コンパクトなものからベッドとしてしっかりと利用できる本格的なものまで、それぞれのライフスタイルに合わせて選べるのも、ソファーベッド魅力です。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04