▼ソファの買い替え時期はいつ?気になる3つのポイント

カテゴリ:ソファー(ベッド)の基礎知識

 


ソファの買い替え時期はいつ?気になる3つのポイント

 

「見た目ではそんなに古さを感じないけど、ソファはどのくらいになったら買い換えたらいいんだろう」と迷ってしまうこともあると思います。
実は、目に見えないところでソファーの劣化が進んでいる場合もあるのです。
そこで今回はソファの買い替え時期を見定めるチェックポイントを紹介します!

 

 

まずは見た目をチェック!

 

ソファの張り地には様々な材質が使われていて、その材質によっても寿命が変わってきます。
一般的なソファは布張りのものが多いですが、毛羽立ってきたり薄汚れていませんか?
布張りのソファは自分で張り替えできるものが少なく、洗濯をすることも困難ですので、汚れや傷が目立ってきたら買い替え時かもしれません。
革張りのものもありますが、革はきちんとメンテナンスをすればそれ自体は10年以上も維持できる素材です。
しかし、長年同じ場所に座ることで、その部分だけ薄くなったりひび割れしやすくなってしまうこともあります。
表面がぽろぽろとして来たり、大きな傷やスレが目立つようになったら買い替えの時期と考えていいでしょう。

 

 

クッションの劣化

 

見た目はまだきれいで買い替え時期には早いと感じていても、中のクッションが劣化していることは少なくありません。
最近座り心地が悪くなった、座ったときに沈むような感覚がある、という場合はクッションがへたれてきている証拠です。
クッションが柔らかすぎると感じたら、買い替えを検討しましょう。
また、座面だけでなく背もたれや肘置きも経年劣化が見られますので、手で触ってみて柔らかくなっていないかをチェックしてみてください。

 

 

フレームの寿命

 

ソファもくつろいだりと座る目的だけで使っていれば、土台であるフレームが壊れることはあまりありません。が、使い方次第ではフレームが壊れてしまうこともあるのです。
また、年数がたてば、フレームの寿命がくることもあります。
張り地もまだ大丈夫、クッションもへたれていない、という場合でも土台がダメになってしまっていたら買い替えることをおすすめいます。
座った時にきしむ音が気になったり、どこかがずれるような感覚がある場合は注意が必要です。

 

ソファの買い替え時期はいつ?気になる3つのポイント

 

部屋のインテリアでもあるソファ選びはとても楽しいですよね。
新しく買い換えるときは、ライフスタイルに合わせてソファの素材を選ぶのがおすすめです。
大人だけの家庭なら革製も素敵ですが、小さなお子さんがいる家庭では柔らかめの素材というように、インテリアとライフスタイルに照らし合わせながら、お気に入りのものを見つけましょう。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04