▼部屋を広く見せる!視線の低いレイアウトのコツ

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


部屋を広く見せる!視線の低いレイアウトのコツ

 

掃除や片付けをしても、レイアウトを替えても何かしっくりこない。
部屋が圧迫されるように狭く感じるということはありませんか?

部屋を広く見せるコツは視線を遮らない、視線を低くすることです。
ここでは、視線の低いレイアウトを取り入れるときのポイントを紹介します。

 

 

大きな家具は端に置く

 

部屋を広くする=家具を減らす、家具をなくすことではありません。
家具を減らしてもただの殺風景な部屋になってしまうだけです。
家具があっても部屋を広く見せるためには、視線を遮らないレイアウトにすることがポイントです。

家具には背の高い、低い家具など様々な大きさのものがあります。
背の高い家具は端に置くことで部屋の中心にスペースができます。空間ができることで視界が広がります。

 

 

目線より高い家具を置かない

 

部屋の中の家具が目につくことで狭く感じます。
そこで目線より高い家具を置かず、低めの家具にすることで視線を遮ることがなく、目線より上に空間が広がります。これで部屋を広く見せることができます。
ソファーなどの家具を取り入れる場合、ローソファーといった背の低いものを選びましょう。

 

 

部屋の奥に向かって家具を低くしていく

 

部屋の中にすでに背の大きな家具がある場合、全てを背の低い家具に買い替えるのは難しいでしょう。
そんなときは、遠近法を使います。
部屋の入り口近くには背の高い家具を置き、部屋の奥に向かって家具を低くします。奥行きが生まれることで部屋が広く感じます。
逆に部屋の奥に高い家具を置くと圧迫感があり狭く感じてしまいます。

 

 

窓をふさがない

 

部屋の中からバルコニーの空間が見えると、部屋の一部のように感じられ部屋が広く見えます。窓の前を家具などでふさがないようにしましょう。
採光面からみても、光を取り込むことで部屋の中も明るくなり広く見えます。

しっかりと光が入るようにカーテンもサイドでとめましょう。小さい窓のそばにもなるべく家具を置かず、家具を置くときには白い家具にすると光を反射させる効果があり、部屋を広く見せることができます。

 

 

床面を多く見せる

 

家具を床面積の3分の1以下にすると、実際の部屋よりも広く見えます。
床にラグなどを敷くときは、大きすぎないもので床面が見えるものにしましょう。

 

 

家具は明るい色を多めに

 

部屋を広く見せる!視線の低いレイアウトのコツ

 

家具の色が視界に与える影響は中々大きいです。
家具を白のような明るい色にすると視界に圧迫感を与えることがないため部屋を広く見せることができます。
ただし、白ばかり取り入れると部屋が単調になることもあるでしょう。白味を少し抑えたオフホワイトやほかの色も差し色として加えることで、アクセントが生まれます。

部屋の間取りは限られていても、レイアウト次第で広々とした空間を演出できます。
今回ご紹介したポイントもぜひ参考にしてみてください。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04