▼リクライニングソファのメリット・デメリット

カテゴリ:ソファー(ベッド)の基礎知識

 


リクライニングソファのメリット・デメリット

 

カウチソファにソファベッド、システムソファ、ローソファなど、ソファを買う際はどれにしようかと悩む人も多いことでしょう。
そんな沢山のソファの中でも、とくにリラックスしやすいと言われているのがリクライニングソファです。
今回はリクライニングソファのメリットとデメリットを紹介します。

 

 

リクライニングソファとは

 

リクライニングとは、ソファの背もたれの角度を自由に調節する機能のことを指します。自分の好みの角度に背もたれを倒すことでよりリラックスできることから、リクライニングソファを多くの人に愛されてきました。

リクライニングソファには背もたれの角度を3~5段階の中から選べるものと、油圧シリンダーにより角度を調節できるものがあります。

また、その角度も手動で動かす物と、電動で動かせる物の2種類あります。特に力の弱い女性や高齢の方には、電動式のリクライニングソファが人気です。

 

 

リクライニングソファのメリット

 

リクライニングソファは背もたれを倒し足掛けを浮かせることで、簡単にリラックスできる姿勢になることが出来ます。

また、背もたれを調整することで、日常の中のシーン毎に合わせた使い方をリクライニングソファ1台で補うことが出来ます。

食事や勉強の際は背もたれを上げ、昼下がりに読書するときやコーヒーやお茶を飲むとき、テレビを見るときには少し傾け、昼過ぎや夕方に少し仮眠を取りたいときは背もたれを下げきって眠ることが可能です。このように様々なシチュエーションに合わせて背もたれの角度を変えられることが、魅力と言って良いでしょう。

 

 

リクライニングソファのデメリット

 

しかし、リクライニングソファにも多少のデメリットが存在します。まずは可動部分が多いことから、構造が弱めになることです。

また、リクライニング機能を使う際にフットレストを前に出すタイプのものは、前方にスペースが必要になります。テーブルなどは邪魔になってしまうので、すぐ前には置けません。

そして、手動のリクライニングソファだと多少の力が必要になり、電動だと少々値が張ることも覚えておきましょう。

 

 

リクライニングソファ×ソファベッド!?

 

リクライニングソファのメリット・デメリット

 

リクライニングソファとソファベッドの2つの機能を掛け合わせた、高機能なソファがあります。

「リクライニングマルチソファーベッド」と言い、オットマン1つと2人がけソファ1つ、そして1人用ソファの3つが合わさったものです。

コーヒーブレイクや読書時にはオットマンと1人用ソファを使ってリラックスでき、昼寝や就寝時には全てのソファを並べて背もたれを倒しベッドに出来ます。

コーナーソファとして使うだけでなく、3つのパーツがバラバラになっているのでリビングの中央に対面設置する事も可能です。
新しくソファを買う際は、ぜひ皆さまもご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04