▼リビングの顔になる! カウチソファーの魅力と種類を紹介

カテゴリ:ソファー(ベッド)の基礎知識

 


リビングの顔になる! カウチソファーの魅力と種類を紹介

 

ソファーはリビングの主役と言える家具です。ソファーにはさまざまな種類がありますが、その中の1つである「カウチソファー」というものをご存知でしょうか。

 

カウチソファーはその大きさからも、強い存在感を示します。カウチソファー1つあるだけで、リビングの雰囲気もガラリと変わるものです。

 

今回はそんなカウチソファーについてご紹介していきます。

 

 

ゆったりとくつろげることが魅力

 

カウチソファーの「カウチ」とは、日本語で「寝椅子」を意味します。横長のソファー部分と縦長のカウチ部分からなるので人が寝られる広さをもち、背もたれと肘掛を備えているものがほとんどです。

 

背もたれも肘掛もクッション性が高く、数人で座ったり、一人で脚を伸ばしてゆったりと寝ることが可能です。ゆっくりとくつろげることを目的として作られたソファーと言えます。

 

 

カウチ部分によって3種類に分けられる

 

リビングの顔になる! カウチソファーの魅力と種類を紹介

 

カウチソファーにも種類があり、まずはカウチ部分が独立しているか連結しているかで2つに分けることができます。

 

・カウチが連結している一体型
L字型の大型カウチソファーになります。設置の仕方に自由は利きませんが、ソファーが安定しているというメリットがあり、ソファー同士の間に足が挟まったり埋もれたりしません。カウチ部分のある位置によって右カウチと左カウチの2種類に分かれます。購入する際はあらかじめ部屋のどの位置に置くか、明確に決めておきましょう。
また、カウチ部分が独立しているものも2タイプに分けることができます。

 

・オットマン(スツール)タイプ
カウチ部分が背もたれのない椅子になっているタイプのカウチソファーです。カウチ部分が小さいため、部屋模様替えのときなどは移動が比較的楽にできます。足掛け、椅子、さらにはテーブルのように使うなど、シーンに合わせたアレンジが可能なのが魅力です。

 

・セパレートタイプ
1つのカウチソファーを2~3分割できるソファーのことを指します。2人がけソファーと1人用の縦長ソファーに分けられるタイプや、1人がけソファー3脚に分けられるタイプなど種類が豊富なのが魅力です。オットマンタイプと同様、部屋でのアレンジの方法に幅があるので、色んなシーンに適応できます。

 

カウチソファー型のソファーベッドで昼も夜もまったり

カウチソファーはその汎用性の高さから部屋のアレンジにはもってこいです。
しかし1人暮らしの方は、ソファーとベッドを両方一つの部屋の中に置くことが間取り的に厳しいこともあるかもしれません。

 

限られたスペースの中で、ソファーにもこだわりを持ちたい。そんな時には、ソファーベッドを活用してみてはいかがでしょうか?
昼は寛げるソファーとして、夜は心地よい睡眠を手助けしてくれるベッドとして、あなたの部屋の大切なパートナーになることでしょう。

 

ソファーベッドと一口に言っても、その種類は幅広く、もちろんカウチソファー型のソファーベッドも数多くあります。きっとご自身の好みに合うデザインのものが見つかりますよ。

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04