▼大切な革ソファを長持ちさせるお手入れ方法

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


大切な革ソファを長持ちさせるお手入れ方法

 

革のソファはそれだけで存在感があり、お部屋の雰囲気もスタイリッシュに見えるのが魅力ですね。

しかし、きちんとお手入れしていないと汚れが目立ったり、ひび割れや色落ちなどといった劣化が起こってしまったりすることも……。
大切な革ソファを長持ちさせるためには、どのようなことを心がけるべきなのでしょうか? 知っておきたい革ソファの正しいお手入れ法を紹介します。

 

 

購入したら最初に保護のひと手間を!

 

革のソファを購入し自宅に運ばれたら、座るよりも先に革を保護するためのお手入れをしておきましょう。
乾燥や汚れから革を保護する専用のクリームが販売されているので、使い始める前に塗っておくことをおすすめします。
ただし、色の濃い革や特殊な加工がしてある革の場合、クリームによって色落ちや質感の変化が起こってしまうケースもあるので、全体に使用する前に目立たないところで試してから使用するようにしましょう。

 

ほこりを落とし、乾いた布にクリームをつけてソファ全体に塗っていきます。
座面はもちろん、裏面まで隅々に保護クリームを塗りましょう。
あとはクリームが乾くまで待ちます。
購入してすぐにお手入れをすることで、革を乾燥や摩擦から守り長持ちさせてくれると言われています。
面倒くさがらずに最初のお手入れをしっかり行いましょう。

 

 

普段のお手入れ方法は?

 

大切な革ソファを長持ちさせるお手入れ方法

 

毎日使っていると、どうしても皮脂汚れが気になっていきます。
なるべく汚れを目立たせないために、日々のちょっとしたお手入れも大切です。
ほこりやごみは掃除機などでこまめに取り除きましょう。

 

革を拭くためのクロスなどが市販されているので、そういった物を使用するのもおすすめです。
なければ柔らかく摩擦の少ない布で優しく拭きましょう。
汚れが気になるからとゴシゴシこすると、革が傷んでしまいます。
そんな時は無理に落とそうとせず、次に紹介するスペシャルケアで正しくお手入れしてみてください。

 

スペシャルケアも定期的に!

 

普段のちょっとしたケアの他に、定期的にスペシャルケアを行うのが理想です。
できれば月に1回行うのが理想ですが、最低でも年に3,4回は行うようにしましょう。

 

まずソファ全体のほこりやごみなどをきれいに取り除きます。
乾いた布にクリーナーをつけ、皮脂汚れなど汚れが気になる場所をピンポイントで拭いていきます。使用するクリーナーは革専用のものにしましょう。初めて使う場合は、目立たないところで試してから使用することをおすすめします。

 

汚れが取れたら保護クリームを乾いた布につけ、すりこむように全体に塗っていきましょう。あとはクリームが完全に乾くまでそのまま放置するだけです。

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04