▼一人暮らしを快適にするための7つの収納術

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


一人暮らしを快適にするための7つの収納術

 

一人暮らしを快適にしていく上で大きな悩みとなるのが「どうやって限られたスペースの中で部屋を広く活用していくか」ということではないでしょうか?
その悩みを解決するためには「家具や生活用品を収納する収納術をどれくらい知っているか」ということが重要となります。
そこで今回は、一人暮らしを快適にするための7つの収納術についてご紹介していきたいと思います。

 

 

一人暮らしを快適にする収納術

 

➀突っ張り棒を使って収納スペース作る
インテリア用品店や100円ショップには「突っ張り棒」という、収納スペースを作る上でとても便利なアイテムが売っています。
廊下の自分の頭よりも高い場所に突っ張り棒を使って収納スペースを作り、そこに生活用品をまとめて置いてしまいましょう。

➁トイレ用品はトイレ上に収納する
突っ張り棒を使えばトイレの中にも収納スペースを作ることができます。
同じようにトイレットペーパーやトイレ用品は、トイレ内の上のスペースに突っ張り棒を使って作った収納スペースに収納してしまいましょう。
ただし住んでいる部屋がユニットバスだった場合は、トイレットペーパーを置いておくと紙がふやけてしまうので注意が必要です。

➂調理器具はキッチンの壁に収納する
フライパンや鍋、トングやヘラなどのかさばりやすいキッチン用品は、キッチンの壁にフックを取り付けて、そこに掛けてしまいましょう。
そうすれば手を伸ばせば届く場所にキッチン用品が設置されるので、調理をするときにもとても便利です。

➃クローゼットを2段に増やす

 

一人暮らしを快適にするための7つの収納術

 

住んでいる部屋にクローゼットがある場合は、もとから設置されている突っ張り棒の下に、さらにお店で買ってきた突っ張り棒を設置しましょう。
突っ張り棒が2本になればその分、掛けられる服の量も倍になるので、服をたくさん持っている方にはオススメの収納術なっています。

➄傘立てはドアに設置
ワンルームなどの狭い部屋に住んでいる場合は、おそらく玄関は傘立てを置くスペースを用意する余裕もないのではないでしょうか。
そんなときに便利なのが「ドアに設置できる傘立て」です。
マグネットの付いた傘立てをドアに付ければ、傘を効率よく収納することができますよ。

➅しばらく着ない服は圧縮袋の中に収納
夏の時期には冬服を、そして冬の時期には夏服をそれぞれ「衣類圧縮袋」の中に入れてコンパクトにまとめてしまいましょう。
もちろんそれと一緒に、いらなくなった服を定期的に古着屋に売ったり廃棄したりするのも大事です。

 

広いスペースを埋めるベッドはどうする?

 

一人暮らしを快適にするための7つの収納術

 

➆くつろぎスペースは一つにまとめてすっきり
最後は家の中でも最もリラックスできるであろう、寝具やソファーについて。
両方のデザインにこだわりを持とうとすると、一人暮らしの部屋ではなかなかスペースを取られてしまいがち。
そんな時はソファーベッドを活用してみましょう。リラックススペースを一つに収納してしまおう!という発想です。収納機能つきのソファーベッドを選べば一石三鳥ですね。

「ソファーベッドだと安眠しにくいのでは」と心配する方もいるでしょうが、実はソファーベッド専用の敷き布団もあるんです。ベッドの上で寝るときと同じような感覚で眠ることができますよ。

家具の中でもスペースを取られやすい寝具こそ、かしこく空間を活かすことで快適な一人暮らし生活を送ることができますよ。
限られた空間を上手く活用することで、1人暮らしは何倍も楽しくなるはずです。家に帰るのが楽しみになる、そんな部屋作りのために、「収納」という観点から部屋を見直してみませんか?

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04