▼【家具選びは?】焦らず準備!初めての単身赴任に備えよう

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


【家具選びは?】焦らず準備!初めての単身赴任に備えよう

 

皆さん、もしいきなり単身赴任をしなければいけなくなったらどう思いますか? 家族と離れることに寂しさを覚えたり、これからは自分でやらなければならない家事を面倒だと思ったり、もしくは家族の拘束から解放されて久々に一人自由の身を楽しめると考える人もいるかもしれません。

いずれにせよ、始めての単身赴任であれば、仕事の引継ぎ等で忙しく、自分の身の回りのことまで手が回らないというケースの少なくないのでは?

そこで今回は、初めて単身赴任をする方も安心できるよう、単身赴任をする上で必要な準備についてご紹介しましょう!

 

 

自分で探すか会社が用意するか

 

会社から異動の内示はおよそ一ヶ月前に通達されます。その後まず確認しなければならないのが住む場所の確保です。社宅がある場合もあれば、会社がアパートを契約してくれる場合もあります。

しかし、自分で住む場所を準備しなければいけないももちろんあります。その際には「家具付き賃貸」や「食事付き賃貸」を選ぶことがオススメです。

 

生活必需品の準備をする

 

【家具選びは?】焦らず準備!初めての単身赴任に備えよう

 

「家具付き賃貸」に住む場合でも、何から何まで揃っているわけではありません。髭剃りや洗剤などの生活必需品はもちろんのこと、賃貸によってはドライヤーや食器類といった細かいものは自分で用意しなければならない場合があります。また、勤務地の近くに都合よく家具付き賃貸がない可能性も充分考えられますね。

ここで、単身赴任生活で抑えておきたい家具と選ぶポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

■ハンガーラック
一人暮らし向けの物件では、収納が押入れしかない場合が多々。その際にコートやスーツ、ジャケット類などをかけるものとして重宝します。また、家具ではありませんが、ベランダなどが無い場合はつっぱり棒やつっぱり棚があると室内干しができますよ。

■冷蔵庫
一人暮らしなので大きなものは場所をとってしまいます。小型のもので充分事足りるでしょう。ただし、冷凍庫付きのものを選ぶことを忘れずに。一人暮らしだと長期保存の効く冷凍食品が大活躍するのです。

■スリムタイプ掃除機とハンディクリーナー
単身赴任の際はまめに掃除をする機会もないと思います。それでも、週一回は掃除する時間をもうけてみましょう。綺麗な部屋は、単身赴任中の健康管理の上でも重要です。一人暮らし用の物件ならば場所をとらないスリムタイプの掃除機と、ハンディクリーナーで充分綺麗になります。

 

【家具選びは?】焦らず準備!初めての単身赴任に備えよう

 

■ソファーベッド
単身赴任の際はソファーベッドを用意しておくと非常に便利です。家具付き賃貸ではコンパクトフロアタイプのソファーベッドを置けば普段はソファーとして、急な来客時にはベッドとして使えます。普通のアパートであれば収納付きソファーベッドをオススメします。ソファー、ベッド、そして収納箇所として一台三役をこなせる優れものです

 

面倒な手続きはお早めに

 

一人暮らしや引越しを経験されたことのある方ならご存知かと思いますが、転居の際にはいくつかの手続きをしなければなりません。

引越しの14日前から14日後の間には、転出届けと転入届けを自宅と引越し先の市役所に提出しなければなりません。また、赴任期間が未定であれば住民票も移動しましょう。

そのほかには、住民票の変更にともなう印鑑登録や運転免許証・クレジットカード・国民年金などの住所変更、世帯主変更の手続きなどがあります。さらには、引越し当日から生活ができるように水道会社や電気会社などにも連絡を入れなければなりません。

引越し前にはぜひ以上のことを「やることリスト」としてリストアップし、快適に生活を始められるように準備をしておきましょう

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04