▼ワンルームを北欧風にアレンジするポイント

カテゴリ:ワンルームアレンジ豆知識

 


1021_01

スウェーデン発祥の家具販売店である「IKEA」が日本で大人気となっているように、北欧風のインテリアは多くの日本人にとっての憧れの的となっています。
こういったインテリアの北欧風アレンジは、部屋が広くなければできないと思ってはいませんか?たとえワンルームであっても、アレンジ次第で部屋を北欧風にすることは可能なのです。
そこで今回はワンルームの部屋でも実践することができる、インテリアを北欧風にアレンジするための方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

北欧風インテリアのカラーは「白」

 

白は北欧風のインテリアを演出する上で欠かせない色です。
例えば家具はたくさん置けばおくほど空間を狭くしてしまいますが、白い家具であれば比較的外観に溶け込んで見えるため、置いても視覚的に邪魔になりにくくなります。
白をベースに、黄色や赤・ピンクなどをアクセントにすれば、差し色が引き立つオシャレな部屋を演出することができるはずです。
また白い大きなラグ(敷物)には空間を広く見せる効果があるため、フローリングの上に白いラグを敷けば、部屋を明るくて心地よい雰囲気に変えることができます。

 

北欧風にアレンジしつつ部屋を広く見せよう

 

1021_02

続いては先ほど紹介したような白いラグを使った方法のように、部屋を北欧風にアレンジしながら広く見せるための方法をご紹介します。

・白いカーテンでワンルームを分ける
白いカーテンをパーテーション代わりにして、ベッドスペースとリビングスペースを分けましょう。
白いカーテンは同時にスクリーンやプロジェクターとしても活用することができるので、迫力のある映画を観たい時などにも役に立ちます。

・ベッドと兼用できるソファーを使う
ベッド代わりに使用することもできる広さとコンパクトさを両立したソファーを置けば、昼でも夜でも活用することができる上に、部屋のスペースにも余裕が生まれます。
ソファーベッド自体にも北欧風のデザインのものがたくさんあるので、一度探してみてはいかがでしょうか。
ただし実際に寝る時には、悪い姿勢で寝ないように注意しましょう。

・はしごラックで収納
狭いスペースを収納スペースに変えたい時に役に立つのがはしごラックです。
タオルや小物、さらには雑誌もはしごラックがあれば効率良く収納することができますし、さらに置くことで北欧風の家に多い「ロフトはしご」のような雰囲気も演出できるためオススメです。

 

北欧風の家具で部屋を演出しよう

 

1021_03

そして部屋を北欧風に演出するために欠かせないのが「北欧風の家具」なのですが、どのような特徴を持ったものが北欧風の家具に当てはまると思いますか?
北欧の家具はシンプルでモダンな自然を感じさせるデザインのものが多く、使用している木材としては以下のようなものが挙げられます。

・パイン材
柔らかな木目と材質を持ち、櫛が多い。

・ビーチ材
繊細な木目で、割れにくい性質を備えている。

・オーク材
材質は堅く、虎班と呼ばれる灰褐色の点線のような模様がある。
ウイスキーなどの洋酒用の樽材としても重宝されている。

これらの木材と一緒にシルバーやホワイト、黒といった金属が一緒に使われている家具を部屋に置くようにすると、より北欧らしさを強調させることができますよ。

そもそも北欧の国は寒さが厳しく室内で過ごす時間が長かったため「外」に出掛けるよりも「家」を楽しむライフスタイルを重視する傾向にありました。そのためインテリアへのこだわりも強くなり、今では全世界的に憧れを持たれるまでになったのです。
北欧のライフスタイルを取り入れて、「家に帰ることが楽しみになる」そんな部屋作りを目指してみてはいかがでしょうか?

 

     

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04