▼座面のくぼみについて考える

カテゴリ:ソファーベッドの賢い選び方

 

ソファーベッドを使うメリット ベッドとソファのどちらの機能も兼ね備えているソファーベッドですが、どちらの用途にも使用可能な点だけがメリットではありません。

ソファーベッドの一番のメリットはやはりスペースを取らないという点でしょう。ベッドとソファのどちらも部屋に置くとなると、どうしても場所を取ってしまうものですが、その点ソファーベッドならば1つ置いておくだけでどちらの機能も果たしてくれるため、狭い部屋ならばこのメリットが大きく作用することになります。

空いたスペースには他に入れたい家具を置き、収納スペースとして活用することもできますし、何も置かずにゆったりとした空間を演出することも可能です。1人暮らしなどで、空間を自在に使いたい場合にはソファーベッドを活用することをお勧めします。

 

 

デメリットは?

ソファーベッドのくぼみについて

 

ソファーベッドのデメリットとしては、寝る時にわざわざ変形させなければならない点や、ベッドとして使用した際にはくぼみができてしまう点が挙げられます。特にくぼみができてしまうというデメリットに関しては寝心地を左右するだけでなく、体に負担をかけてしまう原因になりますし、また質の高い睡眠ができなくなってしまう原因にもなりかねませんので注意しておきたいところです。

しかし現在ではこのデメリットを解消するために様々なタイプのソファーベッドができていますので、使い方と選び方次第では気にならなくなります。

主に寝るために使用したい場合にはくぼみがそれほど気にならない物を、ソファとしての目的が主な場合には座りやすさやデザイン性を重視してソファーベッドを選ぶのが無難な選び方であると言えるでしょう。

 

なぜくぼみはできてしまうのか?

 

ソファーベッドはベッドとして使用するとどうしてもくぼみが出てしまい、それが気になってしまうため、睡眠にこだわりを持っている人ほど使用を避ける傾向にあります。ではなぜこのくぼみは発生してしまうのでしょうか。

その理由は、まずはソファーベッドの構造にあります。

ソファとしての機能も必要とされているので、ソファーベッドを折り曲げられることは必ず必要な条件となります。折り曲げられるということは、その部分の構造は必ずセパレート状にしなければなりません。そして骨組が分かれてしまうと、ベッドとして使用する際には必ず微妙なくぼみが発生してしまうのです。この他の理由としては、使用し続けることによってクッションの機能性が低下してしまう点が挙げられます。

普通のソファのように少し座る程度ならば機能性が著しく低下してしまうこともありませんが、ソファーベッドの場合には、ソファとしての機能の他にもベッドとしての機能もあるため、どうしても使用する時間が長くなってしまいます。するとクッション性が下がってしまい、これによりくぼみが浮き彫りになってしまうのです。これらの理由によりくぼみが発生してしまうわけですが、現在ではこのようなデメリットをできるだけ排除しているソファーベッドも作られていますので、くぼみにこだわりたい場合には選ぶ際に少し注意しなければなりません。

くぼみは対処が可能 ソファーベッドのくぼみは体に負担をかけてしまうため、できれば排除したいデメリットですが、対処することでこの悩みを解消することも可能です。既にソファーベッドを購入してから時間が経っており、くぼみに悩まされている方はぜひ実践してみてください。

 

お勧めなのはマットレスの使用です。

ソファーベッドのくぼみについて

 

寝る際にマットレスを敷くことでくぼみが気にならなくなります。この対処法のメリットは、ソファーベッドを守るという点にもあります。寝ている時、人はコップ一杯分の汗をかくと言われており、睡眠中に出た汗がソファーベッドに染み込んでしまうとなかなか除湿することは難しく、クッションの機能がどんどん低下してしまいます。

しかしマットレスを使用して寝るとなると、睡眠中に発生する水分はマットレスに吸収されることになりますので、結果的にソファーベッドを守ることにつながるのです。ソファーベッドを長く使用したいという方はこのような点にも気を配ってみることがお勧めです。

この他にも湿気を取り除くことがソファーベッドのくぼみ対策には必要です。

適度に掃除とメンテナンスをし、いかにクッション性を下げないかが重要です。時間に余裕がある場合には、天気の良い日を選んで直射日光にさらしてクッション機能を回復させることも有効な手段ですし、もしも使用しているソファーベッドがクッションの取り換えが可能なタイプなのであれば、新しいクッションに取り換えるのも良いでしょう。

くぼみ対策をして快適な使用を! ソファーベッドの購入を考えている方は、使用用途を踏まえた上で良い物を選ばなければなりませんが、どのような製品を選んだとしても共通して言えることは、メンテナンスや対策次第でくぼみはそれほど気にならなくなるということです。くぼみが酷くなってしまう前に、ソファーベッドにかかっている負担をいかに軽減させることができるか、これがソファーベッドを長く使用し続けるためのポイントです。

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04