▼不衛生になりがちなソファーベッド

カテゴリ:ソファーベッドのお手入れ

 


ソファーベッドは清潔に保つ

ソファーベッドはソファーとベッドの両方の機能を兼ね揃えたものです。ひとつでソファーとベッドの2つの役割を果たすことができ、非常に高い利便性を誇っています。しかし、ベッドとしての機能をソファーが備えたことによって、衛生面に問題が出やすくなっています。

人間は、一晩寝ている間に約コップ一杯程度の汗をかくと言われています。つまり、それだけの汗がソファーベッドに染み込んでしまっているのです。いくら毎日お風呂に入ってから寝ていたとしても、このように汗が染み込む状態が続くと、雑菌が繁殖してしまったり、ダニやカビが発生したりしてしまいます。特に、夏場や梅雨時はカビが増殖しやすい時期であり、油断をするとすぐにカビだらけになってしまうこともあります。シーツに黒いシミができていたり、悪臭を発していたりする場合には要注意です。

こちらでは、ソファーベッドを不衛生な状態で使うことで起きる弊害や、衛生面を向上させるためのお手入れ方法をご紹介します。

 

 

不衛生なままだと体に悪影響が出る

 

毎日の寝床として使用しているソファーベッドが不衛生な状態にあると、体にさまざまな悪影響が出てきてしまいます。

たとえば、ソファーベッドに増殖したカビや、ダニの死骸を寝ている間に吸い込むことで、気管支ぜんそくのリスクを高めてしまいます。とくに、小さい子どもはアレルゲンに対して敏感であるため注意が必要です。そのソファーベッドを普段使っていなかったとしても、何らかのタイミングで部屋全体にアレルゲンが飛散することで吸いこんでしまう可能性もあります。

ぜんそくは一度発症してしまうと、完治するのが難しいケースも少なくないため、アレルゲンとなるものは極力排除しなくてはなりません。
また、影響はぜんそくだけに留まりません。菌が繁殖したベッドで毎日睡眠をとることで、顔や体など、さまざまな箇所にアレルギーが起きたり、肌荒れが起こってしまったりすることもあるのです。元々アトピーを持っている方は、より症状が悪化してしまうため、ソファーベッドの衛生状態には注意しなくてはなりません。

頭皮が万年不潔な状態となり、炎症が出てしまうことで薄毛が進行してしまうことも考えられます。いくら良い状態でヘアケアを続けていたとしても、髪の成長が最も活発化する就寝時を清潔な状態で過ごすことができなければ、全てが無駄となってしまうでしょう。

 

衛生面を保つためのお手入れ

 

このように、ソファーベッドが不潔な状態にあることで、体におよぼす影響は測り知れません。それでは、どのようにお手入れをすれば、清潔な状態を保つことができるのでしょうか。

 

【シーツやカバーの活用法】

 

まず、絶対にソファーベッドをむき出しの状態で使用するのはやめましょう。むき出しの状態で使い続けてしまうと、より汚れやすくなってしまうため、必ずシーツやカバーをかけるようにしてください。その上でシーツやカバーは小まめに交換し、綺麗に洗濯することが必要です。清潔さを保つためには1週間に1度は交換してあげるのが理想といえます。

 

【本体のお手入れ方法】

 

シーツやカバーで守っていたとしても、使い続けていく中で汚れはたまっていきます。そんな時は濡れぞうきんやタオルなどで丁寧に拭き取ってください。このとき、ぞうきんはしっかりと固く絞り、ソファーベッドに水分が残らないように注意が必要です。余計な水分が残ってしまうと、よりカビを増殖させてしまいます。

汚れがひどく、雑巾で拭き取っても取れない場合には、中性洗剤やアルコールなどを使って拭くことで、汚れを落とし、消毒をすることもできます。この時、ソファーベッドの材質が、洗剤に弱いものでないかどうかにも注意しましょう。

 

【ソファーの状態に戻す】

 

ソファーベッドをずっとベッドの状態のままにしておく方は、意外と多いものです。お手入れをするときくらいは、きちんとソファーの状態に戻して、普段は目に触れない部分に溜まったゴミや汚れまで取り除くようにしてください。

 

【シーツやカバーを外して干しておく】

 

シーツやカバーを外した状態で陰干しをしてあげることで、カビやダニを予防することができます。シーツを交換するタイミングで、そのまま風を通してあげましょう。窓を開けたり、エアコンをかけたりしながら干せばより効果的です。

 

【ソファーベッドの下も掃除しよう】

 

ソファーベッドの下のフローリングもカビが発生しやすいポイントです。定期的に動かして、掃除をするのが良いでしょう。直接フローリングの上にソファーベッドを置かずに、すのこなどを敷いておくと、カビが生えにくくなります。

 

体に直接触れる家具だからこそ清潔に

 

ソファーベッドは、その上でくつろいだり、睡眠をとったりするための家具であり、直接的に体に触れる機会が多いものです。そのため、他の家具以上に衛生状態に気を使わなければなりません。 健康な生活をおくるためには、正しい状態での睡眠が必要不可欠です。定期的に適切なお手入れをし、ソファーベッドを清潔に保つようにしましょう。

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04