▼ソファーベッドの問題点

カテゴリ:ソファーベッドの賢い選び方

 

ソファーベッドの問題点

 

ソファーベッドはソファーとベッドの両方使える便利な家具です。一人暮らしの若者が部屋のスペースを効率よく使うためにおいていることが多いようです。しかし、さすがに純粋にベッドとして作られたものと比べると寝心地が若干落ちるようです。場合によっては腰を痛めてしまうのなど健康を害してしまうことがあるので、利用には注意が必要です。では、ソファーベッドの問題点とは何でしょうか。

まずソファーとしても使うために座面と背もたれに別れています。ベッドとして使う時は、背もたれを倒して平らにするのですが、どうしても継ぎ目が隙間になったり段差になったりしてしまいます。この部分が寝心地の悪さに繋がってしまうのです。

また、通常のベッドはクッション部分が一体になっていて、身体にかかる圧力も基本的に一定になるのですが、ソファーベッドではどうしても分割された状態になります。ひとつひとつのクッション部分の周囲は枠の部分でもあるので、真ん中より固いのです。ということは、先ほども問題になったクッションの継ぎ目部分はベッドの固い部分と言うことになります。

ここはどうしてもベッドの真ん中になるので、ソファーベッドは真ん中が妙に固いベッド、ということになるのです。しかし、改善策がないわけではありません。確かにそのまま寝てしまうと寝心地が悪くなってしまいますが、上に布団やマットレスを敷けばよいのです。これで多少の凸凹やクッションの硬さの違いは気にならなくなります。

 

 

収納スペースの問題

 

ソファーベッドの問題点

 

布団やマットレスは厚いものの方が凸凹をカバーしてくれるのですが、そうなると今度はそれをどこへ収納するのか、という問題が出てきます。

スペースを節約するためにソファーベッドを導入したのに、その上に敷くマットレスが部屋を占領するのでは本末転倒ですね。やはり畳めるものを使用したほうが良いでしょう。薄くても固めのものであれば問題は少ないですし、固い方が腰に良いのです。ちょっと寝そべるだけなら柔らかい方が気持ちいのですが、長く眠るなら固い方が、腰が沈むことがなくて良いのです。毎日ベッドとして使うなら長く眠る方に対応したほうがよいでしょう、睡眠時間は一日の4割近くを占めるので、快適な方が健康維持に適しているのです。

薄くても適度な固さを確保してくれるものに、竹でできたシートがあります。これなら使用しない時は丸めて収納したり、床に敷いてラグの代わりに使ったりすることができます。夏の暑い時期は涼しいところも長所のひとつです。ただ注意しなければいけないのは固すぎるとかえって寝心地が悪くなったり腰を痛めてしまったりする場合があるので、しっかり確認しなければいけないということです。

最初はちょうどよい固さ、形であっても使っているうちに変わってきてしまいます。特にソファーとして使い続けていると座面のクッションがだんだんへこんだまま戻らなくなってしまい、広げてベッドにした時に凸凹が激しくなっていることがあります。こうなるとマットレスなどではなかなか修正できないかもしれません。

ただ、そうなるまでソファーとして使っているということは、めったにベッドにすることはないとも考えられます。ソファーベッドは使っているうちに用途がどちらかに偏ってしまうことが多く、頻繁に畳んだり広げたりということはなくなってしまうのです。ごく稀にしかベッドとして使うことがないのであれば、多少不具合があっても気にしなくてもよいでしょう。

 

店頭で選ぶ時の注意

 

一般的に寝具は店舗で直接見て買うのがよいとされています。通信販売などでは感触を確かめることはできません。しかも使いやすさには個人差があるので、テレビや雑誌で取り上げられているからといって、自分にとってよいものかどうかは使ってみなければわからないのです。店頭で実際に触ってみましょう、できれば寝そべってみてもよいのですが、短時間では柔らかい方がよいと思ってしまいます。

先述のように、一晩寝るのであれば固い方がよいので、1段階固いものを選ぶようにしましょう。一般的に寝心地の良いタイプは大型のものが多いので、部屋によっては入らない場合があります。あらかじめ自宅スペースの寸法を測った上でお店に行きましょう。店頭ではソファーの時とベッドの時と両方の寸法を確かめないと、自宅で開いてベッドにすることができないということもあります。

また、家具自体の寸法のほかに、開くときに自分がどの位置に立つのか、そのスペースがあるのかどうかも把握しておけねばなりません。ギリギリの広さでなく、余裕を持って置けるようにしましょう。また、材質も気になるところです。表面は布製か、ビニール製か、革製かによってもだいぶ印象が違ってきます。

 

メンテナンスが大切な布製

 

布製の場合は汚れに注意しましょう。特に昼間は外出時の泥やほこりを持ちこんでしまいますし、飲食をすると思ったよりも食べカスを落としているものです。また、寝ている時は想像以上に汗をかくものです。つまりソファーベッドは昼と夜の汚れを両方引き受けていることになるので、衛生上の問題が出ないようにしなければいけません。

ソファーベッドは洗濯したり干したりができないので、カバーをかけるなどして汚れが付きにくいように配慮しましょう。その点ビニールや合成皮革の場合は手入れが簡単です。しかし、劣化してくると破れやすくなるので気をつけましょう。ソファーが破れていると来客時にちょっと恥ずかしい思いをしてしまいます。天然皮革は質感もよく丈夫なのですが、高価な上にきちんと手入れをしなければなりません。

また、ソファーベッドは構造上ちょうつがいなどの部品が多く、壊れやすかったり動かしにくかったりすることがあります。高級なものほど重量があり動かしにくいので、値段の高いものなら大丈夫というものではないのです。もちろん安価なものは軽量ながら強度に不安があるものが多いので、ひとつの条件だけで単純に決めるのではなく、いくつかのポイントを比べて、総合的に決めなければいけません。大型で高価な買い物をすることになるので、慎重を期するにこしたことはないのです。

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04