▼ソファーベッドの寝心地

カテゴリ:ソファーベッドの賢い選び方

 

気になるソファーベッドの座り心地

 

ソファーとしてもベッドとしても使えるソファーベッド。その寝心地はどんな感じなのでしょうか。材質や形状が様々なため一概にはいえませんが、やはり純粋なベッドと比べて若干劣ってしまうようです。座面に対してフラットになるように背もたれを倒してベッドの形にするのですが、座面と背もたれの継ぎ目が隙間になったり、段差ができたりしてしまうのです。

凸凹の部分に腰が当たったまま寝てしまうと当然痛くなってしまいます。また、クッションの材質も大きく影響します。固すぎると身体が突っ張ってしまうし、柔らかすぎると腰が沈んでしまって負担がかかるのです。これは通常のベッドでも同じことなのですが、ソファーベッドはクッションが分割されているので、固いところと柔らかい部分の差が激しく、それが寝心地の悪さや腰への負担に繋がるのです。ただ、ちょっとした工夫によって改善できることがあります。マットレスや布団を敷くことです。これによって、よりフラットな面で眠ることができます。問題は、ソファーに戻す時にマットレスや布団を片付けなければいけないということです。

特にマットレスはかさばるので、薄くて折りたたんで片付けられるものがよいでしょう。適度な固さがあり、丸めることができる竹マットを敷くのも方法のひとつです。ソファーにすることがなくなって、ベッドにしたまま使うのであれば、マットレスなどは敷きっぱなしでも問題ありません。実際、ソファーに戻すのが面倒臭くなって、ベッドのままで使っているという人も少なくないようです。ただ、そのような使い方をしている人はしっかりとしたマットレスを敷かないと腰痛に悩まされることがあります。

マットレスは少し硬めのものを使った方がよいようです。家具、寝具を通販で購入する人がいますが、やはり店頭で実際に触って確かめた方が確実に選べます。そして、少し触っただけではわからないことも多いのです。店頭では試しに座ったり寝そべってみたりできるのが良いところなのですが、短時間であれば柔らかい方が魅力的に感じられるものです。

特に寝具は長時間使うものですから、ちょっと寝てみた時の感想はあまり参考になりません。柔らかい寝床に寝ると歌詞が痛くなるということを忘れずに、固めのマットレスを選択しましょう。布団も天日に干してふかふかになったものの方が気分のよいものですが、寝心地や腰の負担を考えると、せんべい布団と呼ばれる固い布団の方が良いのです。

 

 

ソファーベッドの座り心地

 

では、ソファーベッドをソファーとして使う場合はどうでしょう。こちらもクッションの柔らかさ、固さが大きく影響してきます。柔らかい場合、腰が大きく沈み込みます。短時間であればゆったりできますが、長時間座っていると痛くなってしまいます。ベッドとしての機能を重視したものであれば、座面もフラットで固いものが多いようです。もう一つの要素は、背もたれの形状です。

短時間くつろぐのであれば、浅く座って背もたれを倒し、ソファーに沈み込むように座る方がゆったりできるのですが、その姿勢で長時間座っていると腰に負担がかかってしまいます。長時間座るのであれば、背中を垂直に近くして伸ばし、深く座った方がよいのです。本来ソファーは短時間くつろぐためのものなので、長時間座ることは考えなくてもよいのでしょう。

低反発素材のクッションを採用したソファーは適度な固さを保ちつつお尻を包み込むように形が変わるので座り心地がいいのですが、ベッドとしては寝心地に不安定さを感じる人もいるので、注意が必要です。ちなみに肘掛けがあった方が楽な姿勢が取りやすくなります。肘掛けはソファーの両サイドにあるもの、中央にもあるものがあります。中央にある場合、折りたたんで簡易テーブルになるものが便利ですが、ベッドにした時に凹凸になるので注意が必要です。また、両サイドの肘掛けは枕として使用できるタイプもあります。

 

折りたたみ式マットレスを敷く場合

 

寝心地を重視するならマットレスを敷いた方が良いのですが、折りたたみ式マットレスと言うものも存在します。こちらはソファーというよりもマットレスの1種といった方がよいでしょう。マットレスを畳むとソファーの形になります。

マットレスなので寝心地は良いのですが、背もたれの角度は固定で、枠で固定されていないので座るには若干不安定です。また、折れる部分の強度にも不安があります。ソファーとしてもベッドとしても、普段使うのではなく、来客時に寝床と座る場所を増やすためのものと考えた方が良いでしょう。ソファーベッドにしても折りたたみマットレスにしても、やはりどっちつかずの道具なので、専門のベッド、ソファーにはかなわないのです。

 

長く使っていると心配なこと

 

新品の時であれば使い勝手が良くても、長く使っているといろいろな問題が出てきます。まずは表面です。人間は座っていても、寝ていても多くの汗をかいてしまいます。他にも色々な理由で汚れが付いてしまいます。不潔な状態で眠っても寝心地が悪くなってしまいます。

また、ソファーとして使っているうちにお尻の部分などがくたびれて破れてしまうことがあります。特に合成皮革は表面のエナメル地が布地より劣化しやすいのです。本革は丈夫ですが、高価なうえにしっかり手入れをする必要があります。また、頻繁に形を変えていると可動する部分が弱くなって破損してしまうことがあり、形がゆがんだり安定しなくなったりします。

中のクッションも、ソファーとして使っているとお尻の下になる部分の反発力が弱くなり、へこんでいきます。そうなるとマットレスなどでは凸凹がカバーできなくなり、ベッドとしては使いにくくなってしまいます。ソファーベッドは大型の家具で値段も安くないので、自分をごまかして使っているうちに腰を痛めてしまうことが少なくないのです。

しっかりしたクッションが入った高価なものを長く使うか、安価なものを頻繁に買い替えて使うかは難しいところですが、腰は一度痛めてしまうとなかなか治らず、生活全般に悪い影響が出てしまうので、腰を守ることを第一に考えるようにしましょう。

 

コラム一覧

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04