▼座り心地&眠り心地の良いソファーベッドを選ぶポイント

カテゴリ:

 


座り心地&眠り心地の良いソファーベッドを選ぶポイント

 

「座る」「眠る」といった行為は、家でくつろぎを感じる行動の代表ですよね。
眠りに関しては、1日の疲れを癒し、明日に備えるための大切な時間でもあります。
ソファーベッドは、「ゆったりと座るソファー」そして「のんびりと眠るベッド」の両方の機能がある万能家具です。しかし、選ぶ際にしっかりとポイントを押さえておかなければ、「身体が痛い……」と感じる原因になってしまうこともあります。
ソファーとして使ったときには座り心地が良く、ベッドとして使ったときには眠り心地の良いソファーベッドを選ぶためには、一体どのようなポイントを意識したら良いのでしょうか?
今回はソファーベッド選びのポイントと、より快適に活用するための方法をご紹介いたします。

 

 

メインの使用方法を考えて!

 

ソファーベッドを選ぶ前にまず考えたいのが、「主にどういった目的で使用するか」です。
それによって、座り心地を重視するのか、あるいは眠り心地を重視するのかを決定します。また、ソファーを使用する時間についても考えておくことが大切です。
来客があった際のもてなしなどで比較的短時間の使用を想定している場合は、クッションが柔らかく、背もたれに身体を沈められるものが良いでしょう。
反対に長時間ソファーの上で過すことが想定されるのであれば、背もたれやクッションは硬く、背筋がしっかりと伸ばせるものの方が疲れません。座った際に腰が深く沈むものは少しの間くつろぐには最適なのですが、長時間座っていると腰に負担が集中し、腰を痛める原因になってしまうのです。また、長い間使用していると、座面のクッションがへたり、くぼんだままになって座り心地が変化してしまうことも。座布団などを上手く併用し、座り心地を調節してあげましょう。
ソファーベッドをベッドとして使用する場合、日常使いするのか、あるいは宿泊客がある場合の簡易ベッドとして使用するのかが重要です。
ソファーベッドの難点は、どうしても展開した際に段差ができてしまうこと。
人の1日の3分の1は睡眠時間です。寝ている間に背もたれと座面の隙間に腰が沈み、無理な姿勢が続けば身体が痛くなってしまいます。
ベッドとして普段使いしたい、性能を追求したいという方は、できるだけ平らなデザインのものを選びましょう。
また、1人暮らしでスペースを有効活用するためにソファーベッドを選ぶという方は、取り回しの良さも考えておかなければなりません。
使用している木材やクッションの材質によっては、重くて動かしづらいものも少なくありません。しかし、あまり軽すぎても強度に不安が出てきます。部屋の寸法に合い、1人でも展開、収納がしやすいものを選びましょう。

 

 

使用感はクッションや張地で変わる

 

ソファー、ベッドどちらの場合でも非常に重要なのが、「クッション」です。硬すぎず柔らかすぎず、自分に合った座り心地(眠り心地)のものを選びましょう。
近年人気を集めている“低反発素材”は、適度な硬さでお尻を包んで安定させてくれますが、ベッドとして使用した場合に眠り心地があまり良くないと感じる方も多いようです。
身体にフィットしすぎることで全身に圧力がかかり、常に緊張した状態が保たれてしまうのです。また、寝返りを打って体重がかかる位置を変えようにも、上手く寝返りを打つことができずに同じ部分に負担が掛かり続けてしまう可能性もあります。
低反発クッションは高価なことが多いのですが、必ずしも高級なものを使用すれば良いとは限りません。自分の体に馴染み、使い心地が良いと感じるものを選びましょう。
また、クッションだけではなく布製、ビニール製、合成皮革製、革製などの張地も使用感に大きな違いをもたらします。最も良いとされる革製のものは、眠り心地はあまり良いとは言えません。
先ほどお話したように、座り心地と眠り心地のどちらに重きをおくのか、使用時間はどのくらいを想定しているのかを考えて、クッションや張地を選びましょう。

 

 

眠り心地を良くするために

 

ソファーベッドの眠り心地を良くするためには、マットレスや敷布団などを使用して凹凸をカバーするのもポイントです。
マットレスなどを使用することは、睡眠中の汗でソファーベッドが汚れてしまうのを防ぐことにも繋がります。手入れに多少手間のかかってしまうソファーベッドの場合、長く使っていくためには汚れの予防が欠かせません。マットレスなどを敷いておけば、手軽に干したり洗ったりすることができます。
お勧めは、ソファーベッド専用の敷布団『Rakune(ラクーネ)』。女性が1人でも簡単に上げ下げできるほど軽量で、くるくると丸めることで小さく保管しておくことができます。滑り止めの加工が施されているため、表面がつるつるとした質感の張地のソファーベッドで眠っている間に布団がずれてしまうといったストレスからも解放されます。
また、ソファーが柔らかすぎるという場合には、竹でできたパッドなどを使用するのもひとつの方法です。細長い竹の板をすだれのように繋げて作られたものと、タイル状の小さな竹の板を繋げて作られたものがあります。
どちらもある程度の硬さがあるため、ソファーの柔らかさや凹凸をしっかりとカバーしてくれます。さらに通気性も良いため、蒸し暑い夏の夜などは、涼しく快適です。
逆に硬さが気になるという方は、竹パッドとマットレスを併用するのが良いでしょう。
ソファーベッド専用の敷布団などを活用して、自分にピッタリの寝心地を実現してみてください。

 

座り心地&眠り心地の良いソファーベッドを選ぶポイント

 

いかがでしたか?
座り心地と眠り心地の良いソファーベッドを選ぶために覚えておきたいポイントと、眠り心地を良くするために覚えておきたい活用方法をご紹介いたしました。
ソファー&ベッドの両方として毎日使用したいという方は、あまり柔らかすぎず、平面的なデザインのものを、来客があった際のおもてなし用として使用したい方は、身体を包み込むような柔らかさのソファーを選び、マットレスや敷布団で眠りやすく調整してあげるのがお勧めです。
どちらの場合でも、眠り心地を良くし、汚れを防いで長く愛用していくためには、マットレスなどの併用がマストだと言えるでしょう。

 

 

  • navi01
  • navi02
  • navi03
  • navi04