最適な睡眠

ソファーベッドで快眠!最適な睡眠を取れる寝具の選び方

ソファーベッドで快適な睡眠

ソファーベッドは寝ていると肩がこる、熟睡できない、といったイメージがあるのではないでしょうか?しかし部屋が広く使える便利なソファーベッドを利用する人も多く、快適に寝られるものが増えています。
睡眠に最適なソファーベッドとはどのようなものでしょうか?

ソファーベッドのメリット
ソファーベッドの最大のメリットはソファーとベッドの2つの使い方ができるということ。そのため、ベッドとソファーを両方置かずにすむので、部屋を広く使うことができます。

昼間はソファー、夜はベッドとして使えるのは非常に便利です。
また、友だちなどが泊まりにきた時にはベッドとして使えるのも便利。収納が少ないマンションなどに住んでいると、お客様用の布団などが用意できないこともあります。そんな時にソファーベッドがあれば喜ばれることは間違いないでしょう。寝心地がよいソファーベッドならなおのこと。睡眠にも最適なソファーベッドを選びたいものです。

ソファーベッドでは睡眠不足になる?
ソファーベッドのデメリットとしてよく言われるのが、快適な睡眠を得られるベッドとしての機能が低いということです。
常にソファーとして使っているため、座っている部分がへこんでしまう、ベッドにした時のくぼみが気になる、ベッドのマットレスのような機能が低いため腰が痛い、肩がこるなど快適に眠れない、などといったことも挙げられるでしょう。ベッドとして使うと狭いので窮屈さを感じる、というデメリットもあります。

しかし、これはあくまで睡眠に適さないものを選んだ場合です。ある程度の基準を知ることで、しっかりと快眠できるソファーベッドを選ぶことができるはずです。

最適な眠りを誘う寝具とは?
では、快適に眠れる寝具とはどのようなものでしょうか?質のよい睡眠を取るための寝具の選びのポイントを紹介しましょう。
・マットレスの素材
マットレスは硬すぎず、柔らかすぎないものが最適。寝ている時に建っている状態の姿勢が保てる硬さのものを選びましょう。寝返りをする際に、体に負担をかけずスムーズに寝返りがうてることが大切です。
・敷パッドを利用
マットレスの素材だけでは、なかなか体にフィットしたものを選べないことも。そこで役に立つのが敷パッドです。

素材によって違う快適な睡眠

綿やウール、麻などの天然素材のものであれば、汗を吸い取り放湿してくれるので、快適な睡眠を取ることが可能です。洗濯も手軽にできますので清潔でもあります。

快適に眠るためのソファーベッドの選び方
ソファーベッドを利用する人も増え、快適な睡眠ができるソファーベッドを求める人も多くなりました。そのような中、質のよい睡眠を取れる機能性に優れたソファーベッドも多くなっています。質のよい睡眠を取れるソファーベッドの特徴としてはどのようなものがあるでしょうか?

・マットレスの硬さ
近年のソファーベッドは通常のベッドのマットレスと変わらない硬さになっています。そのため、ベッドで寝ているのと同じ感覚で寝ることができます。
例えばS字スプリングバネを使用しているものやコイルスプリングなどを使用。コイルであればバネお反発があるので腰が沈まないようになっています。均等に体重をかけられる構造になっているのも、寝ている時の体に負担をかけずにすみます。
・通気性
一晩でコップ1杯の汗をかくと言われているように、寝具にはたくさんの汗が染み込みます。

通気性が悪いと衛生面においてもよくありません。ソファーベッドの中には通気性のいい素材を用いたものも多く、中にはすのこ仕様のものもあります。湿気を溜めないすのこであれば、カビなどの心配もないでしょう。
・敷カバー
ソファーベッドのデメリットとして、へこみやくぼみがある、という点があります。それを防ぐのが敷カバーです。ベッドにした際にカバーを敷くことでへこみなどが気にならなくなります。吸汗性に優れた素材を使用しているので、汗を吸い取ってくれますし、洗濯も手軽にできます。

また、中綿に防カビ・抗菌作用があるものを使っているものも。ダニなどの予防にもなるでしょう。
・ベッドにした時の広さ
ソファーベッドで多いのが、ベッドにした時にシングルサイズよりも小さくなってしまう、というものですが、近年ではセミダブル程度の広さになるソファーベッドもあります。部屋の広さにもよると思いますが、快適な睡眠を取るには寝具の広さは重要なもの。選ぶ際のポイントとなる点です。

ソファーベッドの材質選びは重要

最適な睡眠を取るソファーベッドを選ぶには、硬さはどうか、ベッドとの構造の違い、吸汗性や放湿性、素材、衛生面などのポイントから選ぶことが必要。ソファーの機能よりもベッドとしての機能を重視したものを選ぶのがポイントです。

寝具としてはマットレスなどに注意して選ぶことも重要ですが、軽くて暖かい掛布団、首が痛くならない高さの枕、リラックスできる寝間着などを選ぶことも重要です。
また、ベッドと同様、快適な睡眠を取るためのソファーベッドを選ぶには、実際に寝てみて、寝心地を確認するようにしましょう。