睡眠と姿勢

ソファーベッドで快適な睡眠を取るための姿勢とは?

睡眠時の姿勢は重要

朝起きた時に、肩がこっている、腰が痛いと感じることもよくあることです。しかし、それは体によい影響を与えるものではなく、熟睡できていないということでもあります。その原因の一つは、寝具や姿勢が大きく関わっていることもあります。

質のよい睡眠を取ることができない姿勢とは?
寝る時の姿勢は人によってさまざまだと思いますが、中には熟睡できない、質のよい睡眠を取ることができない姿勢というものがあります。
一つはうつ伏せです。

うつ伏せで寝ると心臓が圧迫されて息苦しくなります。横隔膜も圧迫されるので呼吸しにくくなり、睡眠の質の低下を招きます。さらにうつ伏せ寝は腰椎や脊椎にも負担をかける姿勢です。首をひねって寝るので、首にも負担をかけやすく首こりや肩こりの原因となります。また、腰を反らせて寝ることになるので、腰痛の原因になることも。
横向きで寝る人も多いでしょう。

横向きで寝る姿勢にはメリットもデメリットもあります。メリットとしては、人によっては快適な姿勢となるので睡眠の質が上がるという点。足を曲げて寝ることで、腰痛の予防になることも。デメリットとしては片側に負担がかかるので、体の歪みの原因になることもあります。特に左側を下にして寝るのは要注意です。胃や腸の出口は右向きなので、左側を下にして寝ると消化が悪くなると言われているのです。

仰向けの姿勢は熟睡できる?
仰向けに寝るのが体に負担がなく、睡眠の質も上がると言われています。片側だけに負担がかかることもないので、顔や体の歪み予防にもなります。

しかし、すべてにおいて睡眠の質が上がるとは限りません。
足や体をまっすぐにして寝るとリラックスできない、という場合があります。それでは睡眠の質は低下します。いびきをかく人などが仰向けで寝ると、睡眠時無呼吸症候群の危険もあります。
リラックスできる姿勢が一番睡眠の質を上げます。理想としては母親の胎内にいるような横向きの姿勢がいいと言われています。足を適度に曲げて寝ることでよりリラックスできるのです。しかし、人によって快適さは異なります。

仰向けとうつ伏せ

仰向けで寝ることでリラックスできるなら仰向けで、横向きがリラックスできるのであれば横向きで寝るのがいいでしょう。

姿勢は寝具によっても影響する
リラックスできる姿勢で寝ていても寝具に問題があると、熟睡できないことになります。

例えば柔らかすぎるマットレス。これは腰を必要以上に沈めてしまい腰に負担をかけるのです。重すぎる掛布団も寝返りが自由にできなくなり、睡眠の質を下げる原因に。
また枕の高さも重要です。高すぎる枕は首から背中に負担をかけ、コリや痛みの原因になります。枕が高いと気道をふさいでしまうこともあり、いびきの原因になります。それが睡眠不足を招くことにつながります。

また、汗を吸収しやすく、通気性のよい素材を選ぶということも大切です。

進化するソファーベッド
ソファーベッドでは体が凝って快適な睡眠を取ることができない、と思っている人は少なくないのではないでしょうか?
しかしソファーベッドは年々進化を遂げ、現在ではベッドのような快適な睡眠がとれる構造、素材になっているのです。
ソファーベッドでは広さがないため、寝返りがうてないと思っている人もいるでしょう。最近では十分な睡眠を取れるソファーベッドということで、寝返りをうてるサイズのものが増えています。これならリラックスできる姿勢で寝ることが可能です。
座った時にお尻が沈み込むほどの柔らかさではなく、適度な柔らかさで寝る時のことを重要視しているソファーベッドも多いです。

適度な硬さのソファーベッドなら、腰への負担も軽減されます。
さらに、ソファーベッドのデメリットとしてベッドにした時にくぼみができてしまう、という点がありました。それも専用の敷き布団を使えば解消です。反発力があり、快適な素材で作られている敷き布団を使えば、くぼみを気にせずに快適に眠ることができます。ベッドの上に敷くだけなので手間がかからないのも便利です。カバーは簡単に洗濯できるので清潔でもあります。

睡眠には環境が大事

快適な睡眠を取るには、環境作りも大切です。特に寝具は肌触りなども含め、体に負担をかけない寝具選びをすることが必要です。寒いからといって何枚も掛布団を使うと、寝返りが自由にうてずに体に負担をかけることも。温かい掛布団を用意することも必要ですが、その際には敷布団も見直してみるといいでしょう。
たくさん寝たのに睡眠不足になっている、という時にはベッドのマットレスが体に合っていないということも考えられます。近年ではソファーベッドにおいても、寝る時のことを重要視した機能性を持つものが増えています。

素材やスプリング、広さなどのほか、ソファーベッドの上に敷く敷き布団も開発されています。
快適な質のよい睡眠を取るには、体に負担のかからないリラックスできる寝具を選ぶことが大切です。リラックスできる寝具選びをしたら、快適に眠れる姿勢にも注意して眠りましょう。