睡眠と気温

快適な睡眠のためには季節ごとの気温調節が必要

快適な睡眠を送る

寝苦しい暑い夏、睡眠不足になることも多いです。反対に気温が低い冬になると、足先が冷えて眠れない、といったことや、寒さのせいで体が硬くなり肩こりなどを引き起こして眠れなくなる、といったことも少なくないでしょう。

暑いからと冷房の温度を低く設定すると、寝つきがよくなるかもしれませんが、体が冷えて睡眠不足になってしまうことがあります。寒いからと暖房をつけて寝ると、汗をかいて快適な睡眠が取れなくなることも。
快適に眠るためには、適した室温、体温があるのです。

それに基づいた環境を作ることが必要。快適な睡眠のための気温や体温とはどのくらいなのか?またその環境を作るためにはどうしたらよいのかを紹介しましょう。

冬の寝室の温度は16~19度に
冬の寝室の適温は「寝間着の上に1枚羽織って寒くない程度」と言われています。それは16~19度の範囲とされています。寝室の温度が低すぎると体温が下がり、睡眠の質が下がってしまいます。また、暖かい部屋から寒い寝室に入ると、寒さで眠気が覚めてしまい寝つきが悪くなることも。部屋は最適な室温を保っておくとよいでしょう。
室温もさることながら、重要なのは布団の中の温度です。気持ちよく眠れるのは32~34℃と言われています。

布団の中の温度が高くなると、寝返りなどをうって温度が高くならないようにしているのです。寒いからと何枚も布団をかけると、布団の重さで寝返りをうつことができず、快眠することができません。軽くて温かい羽毛布団などがおススメです。

また、布団が冷えていると、中の温度はなかなか上昇しません。あらかじめ湯たんぽなどを入れて温めておくようにしましょう。

湿度について

湿度にも配慮を
気温も重要ですが、快適な睡眠のためには部屋の湿度への配慮も重要です。湿度が低いと乾燥し、風邪をひきやすくなります。理想の湿度は50%前後。この温度を保つためにも、加湿器を利用したり、濡れたタオルを部屋にかけておいたり、といった配慮をしましょう。

ただし、加湿器を使い過ぎると気温が下がり、湿度が高くなりすぎて結露を起こすこともあります。結露はカビなどの雑菌を増やします。それがアレルギーやぜんそくを引き起こし、睡眠の妨げとなることに。加湿器をつけたままにして寝ないようにしましょう。

夏は25度前後に
快眠のためには夏の室温は25~28度が理想です。少し高めでは?と感じる人もいるかもしれませんが、寝苦しいと感じるのは気温よりもむしろ湿度です。冷房の温度を下げてしまうと朝起きた時に体がだるくなる、明け方に寒くなって起きてしまう、といったことになり、睡眠不足を招いてしまいます。

冷房の温度を下げるのではなく、除湿機能にして寝るようにしましょう。
さらにタイマーを利用し1~2時間後には電源がオフになるように設定しましょう。扇風機を利用する際には、顔や体に直接風が当たらないようにすることが大切です。扇風機の風を壁に当たるようにしてその跳ね返りの風を足に当たるようにするという方法がおススメです。

寝具で温度調節

窓を開けて寝ることで、明け方に寒い空気が部屋に入り込み、風邪をひきやすくなります。窓を開けて寝るのは控えましょう。

体温を上昇させないために
夏も冬と同じように布団の中の温度は、32~34℃に保つことが理想です。しかし、冬と比べて体温が上昇しやすい夏。快眠するためには、体温を上げない工夫が必要です。

その方法の一つが寝具や寝間着です。寝具や寝間着は吸汗性が高く、速乾選のあるものを使用するようにしましょう。

人間は寝るときに手足が熱くなり出る汗を蒸発させて、手足の温度を下げることで冷やされた血液が体を循環し、快適に眠れるようになるのです。手足が汗ばんでいると、熱が気化せずに手足の温度が下がりません。そのためには、通気性のよい寝具や寝間着を選ぶことが大事です。

ベッドのマットレスやソファーベッドにおいても、通気性のよいものを選ぶようにしましょう。革張りのソファーベッドは丈夫で吸湿性、通気性に優れていると言われています。さらに抗菌・防カビ加工がされているものがおススメです。

効果的に入浴して体温調整

入浴は眠る1~2時間前に
快眠のためには入浴をして疲れを取り、リラックスすることが大切ですが、より効果的なのは、眠る1~2時間前に入浴することです。人間は体の内部の温度が下がると眠気を感じるようになります。入浴をすると手足や体が温まりますが、お風呂から出ると徐々に体温が下がり手足が冷たくなっていきます。

体温が下がり始めるのは、お風呂から上がった30分後と言われていますから、それを利用しお風呂から上がった1~2時間後にベッドに入るとすんなりと眠ることができるのです。

春や秋は自然と気温が20度程度になるので、それほど気にしなくても快適な睡眠ができるのですが、夏や冬は部屋の温度や湿度、布団の中の温度に注意しなければなりません。冷暖房を上手に使って体を冷やしすぎず、温めすぎないこと、寝具や寝間着は吸汗性が高く、通気性のよいものを選ぶようにしましょう。
ただし、今まで部屋の温度を低めに設定していたりしていた人は、急に温度を上げると眠れなくなることもあります。しかし体は慣れていくものです。徐々に理想の温度に慣らしていくようにしましょう。