睡眠とアロマについて

アロマのリラックス効果を活用して良質の睡眠を手に入れよう

効率よく疲れを取る

しっかりと睡眠時間は確保しているのに日中眠くなってしまったり、また体の疲れが抜けきらずに困っているという人は年々増えてきています。その原因は多岐にわたりますが、1つの原因としてストレスが挙げられるでしょう。精神的に負担を抱えてしまっていると、それが体内の健康維持活動に障害をもたらすことになります。また近年ではストレスは睡眠にも影響を及ぼすことが分かってきています。浅い眠りにならないようにするためにも工夫してストレスケアをする必要があるのです。

ストレス社会と健康
仕事をしていると様々なストレスを感じる場面に遭遇すると思います。上司から叱責を受けて悩んでしまう、同僚との付き合いが上手にできなくて悩んでしまう、責任のある仕事を任せられることによってもストレスを感じることでしょう。ストレスと聞くと諸悪の根源のようなとらえ方をしてしまう人も多いかもしれませんが、実はそうでもありません。適度なストレスは人生の張り合いや刺激として自分の身体に緊張感を与え、健やかに保つことにもつながります。

しかしこれはあくまでストレスが適度の場合のお話です。重要なのは、多くの人が日常生活で過度のストレスを感じてしまっているという点にあります。必要以上のストレスを常に抱えてしまうと、健康維持を阻害することにもつながりますので、どのようにストレスをケアしていくか、これがストレス社会に生きる私達に必要なことなのです。

睡眠とストレスの関係
悩み事が多いと常に何かを考えてしまう状態になってしまいます。たとえば仕事で悩みがある場合には、頭の中で「あれはどこから手をつけるべきか」「あの件はどう対処しよう」「あの人に話さなければ」などと考えてしまうことになります。

この考えるという行為は、つまり頭を働かせている状態ですので、この状態が持続してしまうと睡眠を妨げることになってしまうのです。考え事は交感神経の活性化につながります。交感神経が活性化してしまうと、脳が睡眠状態になるのを抑えてしまいますので、つまりは悩み事やストレスを抱えてしまっていると、睡眠にも大きく影響してくるというわけです。もしもしっかりと睡眠時間を確保しているのにも関わらず、なかなか良く眠れたと実感がわかない場合には、その原因はストレスにあるかもしれません。

ストレスについて

ストレス解消に趣味をしてみたりするのも効果的です。

アロマを使ってリラックス
良い睡眠を取るためには、要するにストレスを感じなければ良いわけなのですから、ストレス解消グッズを就寝時に活用してもとても効果的なのです。そこで最近話題になっているのがアロマテラピーによる入眠法です。アロマの香りは体をリラックスさせる働きがありますので、これを活用して良質の睡眠を取ろうというわけです。
香りと睡眠の関係は医学的にも証明されています。

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の2種類に分けることができ、ノンレム睡眠が深い眠りの状態であることを現しています。また質の良い睡眠とはノンレム睡眠のことであり、この状態で眠ることが最終目標となります。

ソファーベッドでくつろぎながら
アロマオイルを楽しみながらソファーベッドでくつろぐことで、非常に高いリラックス効果を得ることができるでしょう。一日の終りに、良い香りに包まれて、好きな音楽を聞いたり、ストレッチをしたりしながら、ゆっくりと体を休めることを習慣にするのも良いものです。

心がすっきりとしてきたら、そのままソファーベッドの上で就寝してしまうこともできます。

どんな香りが効果的?

アロマオイルには様々な種類がありますが、質の良い睡眠を実現するために特にお勧めなのがラベンダーの香りです。ラベンダーの香りには鎮静効果がありますので、この香りをかぐと、自然に心が落ち着くことになります。リラックスした状態で睡眠ができる、すなわち良質の睡眠になるというわけです。この他にもシダーウッドの香りも睡眠を助けてくれます。

シダーウッドのアロマに含まれているセドロールという物質には入眠を助ける効果があります。
また意外に思われるかもしれませんが、コーヒーの香りも睡眠を助ける効果があります。コーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、就寝前に飲んでしまうと眠気が覚めてしまいますが、香りだけならばリラックス効果があることが研究によって明らかになっています。

アロマを使用する上での注意点
アロマには安い物から高い物まで、値段はピンからきりまであります。

100円ショップにも販売されていることもありますが、安物の場合人工的な香料を使用していることもありますので注意しなければなりません。アロマの力を実感したいのならば、香料などが使用されていない、有紀天然の商品を選ぶことをお勧めします。また、妊娠中や生理中、その他体の調子が優れない場合にはアロマテラピーをすることで症状が悪化する可能性もありますので、その点には充分に配慮しなければなりません。

日々ストレスを感じていても、時間に余裕が無ければなかなかストレスを解消することは難しいです。そんな時にはアロマを使って眠ると良いでしょう。効果的な香りはラベンダーとシダーウッドです。入眠を助けてくれる効果があるだけでなく、リラックスさせてくれることで深い眠りを実現することが可能です。睡眠に大切なのは、時間ではなく質です。質の高い睡眠で効率的に健康を保っていきましょう。