睡眠と栄養

心地よい睡眠が取れない理由は、「栄養不足」だった?

熟睡感がない、眠れないなどの不眠症に悩まされる人が増えています。
不眠症の原因が「栄養不足」にあることをご存知でしたか?

①不眠症の原因は多くは、ストレス!

不眠症の半数以上が、精神的なストレスを原因とする「ストレス性睡眠障害」です。時差ボケや関節リウマチなどの身体的な疾患による不眠症もあります。

しかし、多くの場合、ストレスと何らかの関わりがあります。そのため、ストレスに有効な栄養素は、心地よい睡眠にも高い効果を示します。

人間は身体に必要な栄養素を補給することで、生体のリズムを作っています。睡眠と生体リズムは深い関わりがあるので、栄養不足は快眠を妨げてしまいます。「心身」という言葉が示すように、身体と心も密接な繋がりがあります。健康な体づくりは、心を安定させることにも直結します。

栄養素をしっかりと補給することによって、心身ともにストレスに強い状態を保つことができるのです。ストレスに関わる栄養素のバランスが崩れていることによって、気持ちの落ち込み・イライラの原因になることもあります。

栄養素のバランスを整えることは、不眠症の主な原因であるストレスを取り除くことに繋がるのです。身体にストレスが緩和する栄養素が吸収されることによって、ストレスに対する耐性がつきやすくなります。日常的に強いストレスにさらされている現代人には、ストレスと戦うためにも「栄養不足」を防ぐようにしましょう。

②気持ちを落ち着ける効果があるカルシウムの摂取を!

ストレスに強い栄養素として、よく知られているのがカルシウムです。イライラや抑圧感を緩和する効果があります。しかし、カルシウムだけでは十分な効果を発揮できない可能性があります。カルシウムの摂取を助ける補助的な栄養素であるマグネシウムを一緒に摂りましょう。

カルシウム・マグネシウムは互いに協力しあうという特徴があり、相乗効果で体内に吸収されます。カルシウム:マグネシウムの理想的な摂取比率は、2:1です。

マグネシウムは神経を集中させ、集中力を高める効果があります。カルシウムでストレスを緩和した後、仕事や勉強に専念したいときに向いています。

カルシウムが多く含まれている食品は、しらす干し・チーズ・牛乳・干しエビなどです。マグネシウムは、なまこ・納豆・あさり・ゆで大豆などに多く含まれています。

カルシウムの含まれる食品を多めに摂り、マグネシウムの含まれる食品を添えるようなメニューがおすすめです。食事でどうしても摂取できず、栄養不足が気になるときは、市販のサプリメントを使うのもよいでしょう。

③「神経伝達物質」の不足が、不眠症の原因?

神経伝達物質のドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン。これらの神経伝達物質はストレスと深い関わりがあります。

別名脳内ホルモンと呼ばれており、多すぎても少なすぎてもよくありません。神経伝達物質を増やすには、鉄分が効果的です。神経伝達物質と鉄分の関係は、なかなかぴんとこないかもしれません。鉄分とは、酵素の補酵素として機能している栄養素です。

補酵素とは、ビタミンやミネラルのことを示します。身体のあらゆる化学反応を司る酵素と手を組んで、酵素の上手く体内で働けるようにサポートする役割を担っています。正確には鉄分は「補因子」にあたりますが、酵素をサポートする重要な働きがあるのです。

神経伝達物質の合成時には、酵素が欠かせません。その酵素がきちんと体内に働いてくれるようにサポートしてくれる「縁の下の力持ち」が、鉄分なのです。

鉄分が多く含まれる食品は、豚肉や鶏肉のレバー・たまごの卵黄・しじみ、ドライフルーツなどです。女性の貧血の改善にもつながるので、栄養不足にならないようにしましょう。

④一人暮らしの方は、栄養不足に注意して!

一人暮らしの人は、外食やコンビニ弁当などの偏った食生活に陥りがちです。バランスの摂れた食生活を心がけ、身体の内側から睡眠を改善してみてください。

栄養バランスを整えてもなかなか不眠が改善しない場合は、安定感のあるベッドに変えてみてもよいでしょう。当サイトにも一人暮らし用の安定感のあるソファベッドがあります。

肌の弱い人は、綿100%などのアレルギーや肌荒れを引き起こしにくい素材を選ぶことをおすすめします。この機会に身体の内側と外側の両方から、心地よい睡眠を追求してみてはいかがでしょうか?栄養不足やベッドの環境を変えてみると、徐々に熟睡できるようになります。

熟睡できるようになると心身のリラックスがもたらさせるだけではなく、成長ホルモンの分泌が促進されます。その結果、肌のターンオーバーが促進され、美肌になる美容効果もあります。

まとめ

睡眠には、栄養をたくさん摂ることが大切です。しかし、ストレス緩和に効果があるからといって、カルシウム・マグネシムと偏って摂取するのは良くありません。

タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどをバランス良く取ることが大事です。良い睡眠を取ることは、心身の健康増進に役立つだけではなく、免疫力向上にもつながります。風邪やストレスに強い身体になることで、いきいきとした生活を送れるようになることでしょう。