ソファーベッドの寝心地改善

ゆったりくつろぐ

誰でも自ら痛い思いはしたくないものです。それが家でくつろぐ行動の代表である座ること、寝ることに関わるのであればなおさらです。ソファーベッドはゆったり座るソファーとのんびり寝るベッドの両方の機能がある家具ですが、場合によっては身体が痛くなってしまうことがあります。なぜそのようなことになってしまうのでしょうか。

ソファーベッドの場合は、ソファーとベッドの両方に使えるという最大の利点が問題になのです。いわゆるどっちつかずの状態で、ソファーとして使った時には座り心地が悪くなり、ベッドとして使った時には寝心地が悪くなるのです。そのような状況を防ぐには、どうしたらよいのでしょうか。

目的にあった選び方が重要

ソファーベッドで痛い思いをしないために気をつけなければいけないのは、どのような目的で使用するかです。座るのにも寝るのにも問題なく使えるソファーベッドは存在しないと考えましょう。基本的にソファーとして使うのであれば、座り心地の良いものを選びましょう。さらに、短時間リラックスしたり、来客をもてなしたりすることを考えるのであれば、クッションが柔らかくて背もたれに身体を沈められるものが良いでしょう。

長時間座るのであれば、クッションは固くて背筋が伸ばせる方が疲れません。身体、特に腰が沈むものはちょっとくつろぐには良いのですが、長く座ると腰が痛くなってしまいます。長く使用していると座面のクッションがへたってくぼんだままになってしまいます。座布団をうまく使って座り心地を改善しましょう。腰の後ろに当てると背筋が伸びて楽です。

普段ソファーとして使っている場合は、展開してベッドにするのは来客などで寝床が必要な時でしょうか。もともと少し段差があるものですが、座面のくぼみがさらに気になってしまいます。マットレスや敷布団を使ってカバーしましょう。これはベッドとして使っている場合でも同様です。背もたれと座面の継ぎ目に隙間や段差ができて、その部分が寝心地の悪さに繋がります。寝ている時に腰が沈んでしまうと痛くなってしまいます。

ベッドとしての性能を追求するのであればできるだけ平らになるものを選びましょう。また、手入れの問題はソファーベッドの問題点のひとつです。寝ている時は結構汗をかいてしまうので、ソファーベッドの上に直に寝るのは避けた方が良いでしょう。マットレスや布団を敷かない時でも、シーツを敷いて汚れたら洗ったり取りかえたりするという形が良いのです。

工夫次第で寝心地改善

1日の3分の1は睡眠時間なので、その間に無理な姿勢を強いられていると身体が痛くなってしまいます。ソファーベッドで身体が痛くなる主な理由は、ベッドにした時にどうしても凸凹ができてしまうからです。その時の凹凸の状況にもよりますが、やはり布団やマットレスなどを敷いた方が良いのです。布団の方が干したり洗ったりしやすく、マットレスの方が平面になりやすく寝心地が良いのですが、手入れしにくいところと、使わない時に収納しにくいところが問題点です。そこは部屋の収納などとの兼ね合いになります。

他に、竹でできたパッドを使用するのもひとつの方法です。細長い竹の板をすだれのようにつなげたものと、タイル状の小さな竹の板をつなげたものがあります。どちらも固さがあり、ソファーベッドの凹凸をカバーしてくれます。竹パッドのもう一つの利点は通気性が良くて涼しいことが挙げられるので、夏の暑い夜には適しています。しかし、さすがに固すぎると感じる人もいるので注意が必要です。その場合は竹パッドの上にマットレスや布団を敷くことによって固さを和らげることができます。ベッドとして使わない場合は丸めておくか、床に敷いて竹のラグとして使うことができます。

クッションや表面の材質で変わる寝心地

ソファーとしてもベッドとしても、クッションは最も重要です。基本的に柔らかすぎると腰が痛くなってしまいますが、固すぎても座り心地が悪いものです。近年では低反発素材で適度な固さでお尻を包んで安定させるソファーも登場しています。しかし、ベッドに使用した場合は合わない人もいます。身体にフィットするので全身に圧力がかかり、常に緊張した状態になってしまいます。通常であれば身体の一部だけであるため、寝返りを打って分散させるのですが、フィットしすぎるとそれができずにかえって不自然な眠りになることがあるのです。低反発クッションは高価なことが多いのですが、必ずしも高級なものを使用すればよいということではなく、その人に合ったものを使用するようにしましょう。

また、表面の素材も布製、ビニール製、合成皮革製、革製のものがあります。もちろん革製が高級品とされていますが、寝心地は固くて今一つで、手入れも簡単ではありません。ソファーベッドは高級であればあるほどソファーとしての体裁を重視する傾向にあります。インテリアとしての機能を求めるのであれば、問題ないでしょう。もちろんベッドとして利用することを重視した製品もありますが、ベッドとして使う時にはどうしても凹凸ができるため、ベッドの性能向上には限界があるのです。逆に考えると低価格のものでも使いやすく、自分に合っているものが見つかることがあるのです。そのため店舗で実際に触れてみて選ぶのがよいでしょう。

座り心地、寝心地の他に取り回しの良さも確認しましょう。まず重量です。使用している木材やクッションの材質によってはとても重くて動かしづらいものがあります。低反発素材のものは重いことが多いです。しかし、あまり軽量だと強度に不安があるので、使用目的に合わせて決めましょう。次に、展開、収納のしやすさです。複雑な操作を必要とするものは、動き自体が面白いという考え方もありますが、人によってはどうしたらよいのかわからないこともあり、また強度にも不安が出ます。大型の家具なので、部屋の間取りによっては大きすぎて入れるのに一苦労することもあるので、寸法をちゃんと測ってから決めましょう。動かす時に腰が痛くなってしまっては困ります。以上のポイントに気を付けて、自分にとって使いやすいものを選んでください。