ソファーベッドのかしこい選び方

ソファーベッドを使う目的

ソファーベッドは、その名の通りベッドにもなるソファーのことです。背もたれを倒したり、オットマンと呼ばれる足置き台と組み合わせたりしてマットレスのような形に変形します。

便利ですが、どのようなものを選ぶかについては難しいところです。選び方のポイントになるのは、どんな目的で使うのかです。主に二つに分かれます。まずは、基本ソファーで使って時々ベッドにする使い方、もうひとつは逆の使い方、つまり基本ベッドで使って時々ソファーにする形です。普段ベッドにするなら上面がどれだけ平らになるか、どれだけ寝心地がいいかが重要で、ソファー中心で使うなら座り心地の良さが一番大切です。

また、来客用なのか家族で常に使うのかによっても違います。来客用であれば見た目の豪華さを重視しますが、家族で長時間座るのであれば疲れないことが最も大切なポイントとなります。

基本的にベッドとして使う場合

ソファーベッドの使い方として案外多いのが、ソファーに戻すことがなくなってベッドにしたままで、使っている状態。一度ベッドにしてしまうと、背もたれを立てたり布団を片付けたりするのが面倒になって、結局ベッドとしてしか使わないのです。

その場合は、ベッドとしての機能を追求することになります。その時は座面や背もたれが平らでクッションが固めのものが良いでしょう。平らにならないとベッドとしては不完全だし、クッションが柔らかいと腰が沈んでしまって寝心地が悪くなります。あと、幅が広くないと寝相の悪い人は転がり落ちてしまいます。

ソファーベッドはベッドとして使えるのが可能といっても、やはり本来のベッドに比べて寝心地は落ちます。座面と背もたれの間にどうしても隙間や段差はできます。

また、ソファーとして使っている場合は座面がへこんでしまうのでその部分が気になりまってしまうのです。ベッドとしてしか使わないのだとしたら、本職のベッドを購入すればよいということになってしまいます。

基本的にソファーとして使う場合

ソファーベッドをソファーとして使う場合は、当然座り心地が重要になります。しかし、座るといってもいろいろな状況があるでしょう。短時間の来客に対応するのなら、柔らかく身体を包み込むような感触の方が贅沢な感じになります。

しかし、これは長時間座るのには向いていません。腰が沈み込むことによって姿勢が不安定になってしまい、長く座っていると疲れてしまうのです。長時間座るのなら固めのクッションの方が適しています。また、背もたれの形や角度も垂直に近い方が長く座るにはよいのですが、短時間くつろぐだけならば身体を少し倒せる方が楽に座れます。よって、これもどんな目的のために使うのかによって選び方が違ってきます。

その他の選ぶポイント

他にもソファーベッドのポイントはあります。まずはデザインです。いつも部屋にある大型の家具なので、気に入らないデザインのものを使いたくはないでしょう。シンプルなものか、豪華なものか、部屋に合うかどうかも問題になります。また、多くの目的で使われることが多いため、汚れやすくなりますから、汚れにくい素材の方が良いでしょう。布張りの方が座り心地も寝心地も良く、部屋になじみやすいことが多いのですが、汗などの水分を吸いやすく汚れが落ちにくいという欠点があります。ビニールや合成皮革は少し濡れたくらいであれば拭き取ればよく、手入れがしやすいのですが、生地が劣化すると破れやすくなります。カバーなどをかけて汚れにくくするのもひとつの方法です。大きさもきちんとチェックしておきましょう。

お店ではちょうどよいサイズだと思っても部屋に置いたら大きすぎた、もしくは小さすぎた、ということもあります。ですからあらかじめ部屋のスペースとソファーベッドの寸法を測っておく必要があります。
ベッドにするときにどのスペースを利用するかも重要です。ソファーの前面のみにスペースがある場合は、比較的狭いところで利用することができます。前面と側面にスペースがある場合は前面からソファーからベッドに、横からベッドからソファーに変形させるタイプが使用できます。

このタイプは操作が容易で、短時間で変形させることができます。他にも、側面からベッド部分を引き出すタイプもありますが、側面に広いスペースが必要です。ソファーベッドは折りたたみのプロセスが複雑だと、使いにくい場合があります。複雑な操作が好きだという人もいますが、その人だけができて、他の家族は触ることができない、ということが考えられるので注意しましょう。

オットマンと組み合わせるタイプ

オットマンと組み合わせてベッドになるタイプは、普段オットマンをどこに置くか決めておかねばなりません。いざベッドとして使おうという時に、オットマンを片付けてしまっていたり、どこに置いてあるのかわからなくなったりしていて、使えないことがあります。

部屋のスペースを確保しておくために、ソファーベッド自体の収納性がある方が片付ける時に便利です。収納できるソファーは座面の下が引き出しになっているものが多いのですが、あまり収納部分に気をとられて、クッションが薄いものなど、座り心地が悪いものを選ばないように気をつけましょう。