ソファーベッドの大きさについて考える

スペースを有効活用するソファーベッド

大きさは大丈夫?
ソファとして使用でき、また変形させることでベッドとしても活用できるソファーベッドですが、その良さはスペースを有効利用できる点にあります。

ベッドとソファ、それぞれを部屋の中に入れるとなるとスペースが圧迫されてしまい、その他に入れたい家具、特に収納スペースを用意できないことになります。その点ソファーベッドを活用すると、有効にスペースを空けられるため、部屋をスタイリッシュにまとめ上げることが可能です。

しかしデメリットがあるのも事実です。中でも一番気をつけなければならないのがソファーベッドの大きさです。特に長身の方は、リクライニング式で2人掛けのソファーベッドだとベッドに変形した際に体が入りきらないということもあります。そうなるとベッドとして機能することもなくなってしまいますので、購入時にはこういった点にも注意しなければなりません。

ソファーベッドのタイプ
ソファーベッドにはいくつかのタイプがあります。先に述べたリクライニングタイプや、その他にも寝台を引き出すタイプの物、折りたためるタイプの物などもあります。それぞれに特徴がありますので、メリットやデメリットを考慮した上で購入してみてはいかがでしょうか。

リクライニングタイプの特徴
リクライニング式のソファーベッドは選択肢の幅が非常に広いという特徴を持っています。このタイプは最初からあるタイプですので、現在でも様々な種類が用意されています。またデザインに関しても充実していますので、自分に合った物が探しやすいです。

しかし難点があるのも事実です。最近では良くなりましたが、以前はリクライニングでベッドに変形しても関節部のくぼみによって体を痛めてしまうことも多かったようです。未だにこの難点を残したままの製品も見受けられますが、それでも各メーカーがこの問題には柔軟に対処しているので、おおよその場合は大丈夫です。

それでも心配だという方は購入時に実際にベッドに変形させてみて違和感が無いかどうかを確かめてから購入することをお勧めします。

リクライニングタイプ

リクライニングタイプの場合、大きさに気を付けることも重要です。このタイプでは背もたれを倒すことによってベッドに変形させますので、横幅があまりに狭すぎると、長身の方が横になった際に自分の体がベッドに収まりきらない可能性もあります。したがって長身の人は特にこの点には気をつけなければならないのです。

引き出すタイプ

引き出しタイプの良さは?
寝台を引き出すタイプのソファーベッドの場合、リクライニングタイプと違い、あまり大きさを気にする必要はありません。座席の下などに寝台が収納されており、それを引き出すため、寝台の長さが不足するという心配はないのです。また、このタイプを選ぶメリットとしてはソファの長さを気にしなくても良いという点にあります。2人掛けのものであったとしても、ベッドとしての機能も充実しています。

リクライニング式の場合は3人がけでなければベッドにした時に体が納まらないこともありますので、長さはどうしても気にしてしまいますが、そういった心配が無いのがこのタイプのメリットなのです。したがって、大きさについては融通が利き安いのだと言えるでしょう。

しかしこのタイプはもともと作られている数が限られているため、自分のイメージと上手にマッチングするような、好みの物を見つけにくいという特徴もあります。

折りたたみタイプ

折りたたみタイプのソファーベッドはなかなか珍しいものですが、利便性が高いのが特徴です。

感覚的にはベッドを多重に折りたたむことでソファにすることができると表現した方が正しいと思います。このタイプの場合も引き出しタイプと同様、自分の身長のことを考慮しなくても良いという点が大きなメリットであると言えるでしょう。

どちらかと言えば、寝ることを重視したい人向けのソファーベッドがこの折りたたみタイプなのです。

使用方法でお勧めは変わる
寝ることを主な目的として考えている場合には、やはり引き出しタイプや折りたたみタイプの物がお勧めです。リクライニングのタイプだと、どうしても関節部分のくぼみは気になってしまうものです。ソファーベッドを使用して毎日寝ようと考えている場合には、リクライニングタイプはお勧めできません。

これとは逆に、腰を掛けることを重視し、ベッドとしての機能はあまり重要視しないという方の場合には、リクライニング式がお勧めです。デザイン性、大きさ共に品揃えが充実しているのがこのタイプのメリットでもあります。自分に合った物、お部屋に合った物を選びやすいのでこちらがお勧めになるのです。
ここまで説明した通り、ソファーベッドには様々なタイプのものがあります。しかし、どのタイプであったとしてもメリットとデメリットがありますので、一概にこれがお勧めと言うことはできません。自分の身長や用途を加味しつつも、ソファーベッドを選ぶようにしましょう。