不要なソファーベッドは解体して処理

不要なソファーベッドは解体して処理

使い終わった後の処理が大変
ベッドやソファー、机やタンスなどの家具は使用している時には便利に活用でき、生活の基盤となりますが、使用した後、つまり処分してしまおうとなると一気に面倒な代物へと変貌を遂げることになります。

各地のゴミの出し方に沿うように粗大ゴミを提出しなければならず、そのような手間以外にも自らが解体しなければならないなどの指示を受けることもありますので、煩わしいことこの上ありません。そこで今回はその煩わしさをどのように軽減させることができるのか、お勧めの方法について紹介していきます。

自分で解体する場合
まず最初に紹介するのは、自らがソファーベッドを解体する場合です。

必要になるものはのこぎりやカッター、ワイヤーカッター、バール、ドライバーなどの工具です。表面の皮をカッターで剥ぎながら、その後フレームの木材についてはのこぎりを使って小さく切断していきます。スプリングを切断しなければならなくなることもありますので、ワイヤーも切れるような工具も必要になるでしょう。

その他にも、金具が取り付けられている部分についてはバールを使用して取り外したり、ネジで留まっている部分はドライバーを使用して外したりする必要があります。解体が終わった後には、処理施設まで持ち運ぶかゴミとして出す必要がありますが、これについては地域によって制度が異なりますので、解体する前にまずその確認をしなければなりません。

この方法の良さは費用がかからないという点にあります。解体せずにゴミとして処分してもらうとなると、粗大ゴミ扱いになりますので費用がかかってしまいますし、それと同様に回収業者に引き取ってもらうにしても費用が発生してしまいます。しかし自らが解体する場合はそういった費用が一切かかりません。

ただし、手間と時間がかかってしまうのも事実です。解体するには時間を要しますし、また解体中に怪我をしてしまう可能性もあります。これらのメリット、デメリットを踏まえた上で自ら解体するか否かを判断してみてはいかがでしょうか。

自治体に粗大ゴミとして処分してもらう

ソファーベッドを処分したい場合、まず考えるのがこの方法だと思います。自治体によって収集方法や処分にかかる費用は異なってきますが、一番確実な方法でもあります。

費用については物の大きさや種類によっても変化しますので、その点に関しては事前に調査する必要があります。
自治体にて処理してもらうデメリットとしては、やはり手間がかかってしまう点が大きなデメリットになっています。

事前に申請をする必要があったり、粗大ゴミ用のシールを購入しなければならなかったり、またすぐさま処理できるというわけでもなく、場合によっては1週間から2週間ほどの時間を要することもあります。

その他にも処理場までは基本的には自分で持ち運ばなければならない点などもデメリットと言えるでしょう。何かと不自由な点も多いのがこの方法なのです。

回収業者に依頼する
世間には粗大ゴミの処分を代行してくれる業者もあります。上記の通り様々な手間がかかるのが粗大ゴミを処分する上での難点ですので、それらの煩わしい手続きを全て代行してくれるのが回収業者となります。業者に任せてしまえば、自分が処理したい時間に持ち運んでくれますので、わざわざ処理場まで自分の力で運ぶ必要もありませんし、また処理するまで待たされるということもありません。

これは業者を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

しかしデメリットも勿論あります。

それは費用が少し嵩んでしまうことです。自分で処理する場合には粗大ゴミシールを購入する程度の費用だけで済みますが、業者に依頼するとなるとそれ以上の費用が必要となってきます。したがって、時間に余裕が無い場合や自分で処理するのが面倒だと感じている場合などにはこの方法を活用してみるのがお勧めです。

リサイクルショップを活用する
自分での処理や回収業者への依頼の他にも、リサイクルショップに引き取ってもらうという方法もあります。この方法のメリットはいらない物をお金に換えられる可能性がある点や、また無料で引き取ってもらえる可能性がある点です。

また引き取ってもらう時間についても、こちらで指定できる点も大きなメリットであると言えるでしょう。自分で処理する場合や回収業者に依頼する時のような手間や費用が大幅に減らせられるので、3つの方法の中ではまずこちらの方法が一番のお勧めとなります。

物によっては引き取ってもらえない可能性もありますが、その場合でも査定に費用は発生しませんし、自分の都合に合わせ査定をしてもらえるため、何かと融通が利くのが最大の特徴なのです。損をしない物の捨て方と言えます。
ソファーベッドは不要になったけれども、自分で解体して処分するのは面倒という方はこれらの方法を実践してみてはいかがでしょうか。業者も上手に活用できればとても満足のいくサービスを受けられることに間違いありません。