汚れやすいソファーベッドの洗い方とは!?

ソファーベッドは汚れやすい

ソファーベッドは普通のソファーに比べて非常に汚れやすいものです。何故なら、ソファーベッドはソファーだけでなく、ベッドとしての役割も兼ね揃えているため、1日の中で肌に触れている機会が多いからです。人間は寝ている間に大量の汗をかきますし、着替えをせずに寝てしまったときやお風呂に入らずに寝てしまったとき、ソファーベッドは皮脂やホコリなどで汚れてしまいます。

汚れが酷くなってくると、酷い悪臭を放ったり、カビが生えてきたりもします。
そんな不潔な状態で使い続けることに、抵抗があるのは当然でしょう。それでは、ソファーベッドは洗うことができるのでしょうか。こちらでは、ソファーベッドの洗い方についてご説明していきます。

自宅でのソファーベッドの洗い方

ソファーベッドの中身は、ウレタンや金属のスプリングなどであるため、基本的にシーツなどと同じ洗い方で洗濯をすることは不可能です。しかし、清潔にすることをあきらめてはいけません。

一般的な「洗う」という行為とは少し違うかもしれませんが、しっかりとお手入れをする方法はあるのです。

【中性洗剤で拭き取る】
中性洗剤をぬるま湯で希釈し、それをタオルに浸した状態で丁寧に拭き取ることで、かなり綺麗に汚れを落とすことができます。このとき、ソファーベッドに中性洗剤が残ってしまうと、肌荒れやアレルギーの原因となることもあるため、お湯を使って確実に落としてあげましょう。

最後に乾いたタオルを敷き、その上から掃除機で吸い取ることで水分がなくなり綺麗に乾きます。ここでしっかりと乾かしておかないと、カビが生えたり、金属部分が錆びたり、木製部分が腐食したりする原因となってしまいます。

【消臭・除菌スプレーを吹きかける】
汚れが溜まり、雑菌が繁殖してしまったソファーベッドは匂いが気になるものです。中性洗剤でいくら拭き取っても、匂いだけは残ってしまうケースもあります。そういったときには、市販されている消臭・除菌スプレーを吹きかけることで解消することができます。ソファーベッドに残ってしまった雑菌を除去することで、匂いが取れて快適な状態となりますし、好みの香りがついたスプレーを使えば快適に使用することも可能です。赤ちゃんや小さな子どもがいて、雑菌が気になるという方にはおすすめの対策です。

【柔軟剤で日々の汚れ防止】
ソファーベッドに使われているような化学繊維は、静電気を帯びやすいことが特徴です。

冬場などの乾燥しやすい季節は、とくに静電気が発生しやすく、ゴミやホコリなどが付着しやすい状態となっています。それを防ぐことができるのが、洗濯用の柔軟剤です。柔軟剤には、静電気を防止する作用があります。いつも洗濯に使用している柔軟剤を2倍程度に薄めて霧吹きに入れ、全体的に薄く吹き付けるようにしましょう。これだけで、かなり汚れが付きにくい状態を作ることができます。

ゴミやホコリだけでなく、花粉の付着も抑えられるため、春の花粉症対策にも有効です。さらに、柔軟剤の本来の効果として、ソファーベッドのふわふわの質感を保ったり、良い香りを継続させたりすることも可能です。

専門の業者に依頼する

また、ソファーのクリーニングを請け負ってくれる専門業者も存在します。どうしても自分でお手入れをするだけでは、満足できないという場合には、こちらを頼るのもひとつの手でしょう。

専門の薬剤や器材を用いて、自宅では落とせない汚れもしっかりと落としてくれます。また、オプションとしてその後汚れが付きにくくなる加工をしてくれることもあり、費用はかかりますがプロの技術によって一定以上の効果を期待することができるのです。

シーツを清潔に保ちましょう

むき出しの状態でソファーベッドを使用していると、どうしても汚れてきてしまうため、シーツをかけた状態で使用するのが無難です。しかし、日々の汗や皮脂でシーツが汚れてきてしまうと、結果的に本体も汚くなってしまいます。

まめに交換するのが望ましいでしょう。
汚れたシーツは洗濯機で洗い、晴れた日に外でよく干すか、乾燥器を使ってカラっと乾かしてください。洗濯の際は洗濯以外に柔軟剤を利用すると、より快適な感触になります。

小まめなお手入れが大切

このように、ソファーベッドは材質的に普通に洗うことは難しいですが、上手にお手入れをすることで洗濯と同等の効果を得ることができます。普通の洗い方で汚れを落とすことができなソファーベッドは、汚れが段々と溜まっていってしまうと、自宅のお手入れでは綺麗にするのが難しくなってしまいます。

そうなる前に小まめに汚れをとり、除菌・消臭を行うのが一番だといえるでしょう。
また、普段の使用にも注意しなくてはなりません。なるべくシーツやカバーをかけて汚れが直接付かないように対策し、汗をかいている時や、外出からの帰宅直後にそのままソファーベッドに上がらないようにするだけでも、かなり汚れを防ぐことができます。