お手入れによって変わるソファーの寿命

ソファーを長持ちさせる3つのポイント

ソファーは日ごろのお手入れの有無で、長持ちするかどうかが決まってしまいます。

どんな高級ソファーでも、何もお手入れをしないで数年も使っていると、痛みが目立ってくるものです。

ここでは、

○ソファーを長持ちさせるために気をつける3つのポイント

をご紹介します。

1.優しく使用する

ソファーの上で飛び跳ねたり暴れない。移動させる場合は引きずったりせず、丁寧に扱います。

傷がついてしまうと、特に本革のソファーは目立ちます。

また、ソファーはなるべく水平を保ち、壁に直接触れないように置いてください。変形や変色、破損やカビの原因になることがあります。

2.直射日光を避ける

ソファーに限らず家具全般に言えることですが、長い間ソファーを直射日光に当てていると、ヒビ割れや乾燥・変色の原因となり、すぐに痛んでしまいます。

対策としては、窓際から遠ざけるのが一番ですが、どうしても難しい場合は、窓にレースのカーテンを付けたり、ソファーにカバーを掛けるなどして、できるだけ直射日光を避けるようにしてください。

3.汚れたらこまめに掃除

ソファーを長持ちさせる一番のコツは、日々のこまめなお手入れです。

ホコリは汚れの原因になるので、こまめに乾いた布で拭いたり、掃除機で吸い取ってあげてください。

もし飲み物をこぼしてしまったら、水分が中に染み込まないうちにティッシュや乾いたハンカチやタオルで優しくふき取ってください。 汚れが落ちにくい場合は、柔らかい布にぬるま湯で5倍以上に薄めた中性洗剤を染み込ませて汚れを拭き取ってください。拭き取った後はソファーに中性洗剤が残らないように硬く絞ったタオル等でよく拭き取るのがポイントです。

とにかく「汚れてしまったらすぐに対処すること!」が肝心です。

上記の3ポイントを押さえておけば、お手頃価格の激安ソファーでも、長く使用することができますし、逆に高級ソファーでもほとんどお手入れをしないとすぐに劣化してしまいます。

素材別のお手入れ方法

本革

革は熱や水に弱く、変色したりシミの原因となったりしますので、特に直射日光に気をつけなくてはいけない素材です。そのかわり、こまめなお手入れをすることで時間が経つほど深い味わいがでてくるのが特徴です。もし飲み物などをこぼしてしまった場合は、すぐに乾いたタオル等で拭き取ってください。水拭きをして長時間放置するとシミの原因となります。普段はほこりがたまらないように柔らかい布でお手入れをしてあげて、年に数回ぐらい皮革専用のクリームを薄くのばすように塗ると長持ちします。ベンジンなど強力なクリーナーは絶対に使わないでください。

合成皮革

見た目は本革とほとんど変わりがありませんが、天然の本革と比べてお手入れが簡単な素材です。乾拭きをしたり、飲み物をこぼしたらぬるま湯に浸したタオルか雑巾で拭き取ってください。汚れがひどい場合はタオルや雑巾を水で薄めた中性洗剤に浸し、汚れを落してください。そのままだとシミになってしまうので、かたく絞ったタオルや雑巾で中性洗剤を拭き取ってください。その後乾拭きして水分をソファーに残さないようにすれば完璧です。

ファブリック(布材)

ホコリがたまりやすいので、掃除機でこまめにお手入れしてください。汚れが気になる場合は、タオル等を水で薄めた中性洗剤に浸し、汚れを落してください。その後、かたく絞ったタオル等で中性洗剤を拭き取り、最後に乾拭きして水分をソファーに残さないようにしてください。ファブリーズなど市販の消臭剤を普段からスプレーするだけで除菌にもなり、清潔な状態を保てます。

素材ごとに若干お手入れの方法は異なるものの、日頃から面倒くさがらずにお手入れをしてあげることが、お気に入りのソファーを少しでも長く使用するためのコツですね。