寝心地で選ぶソファーベッド

寝心地重視選びのポイント

ソファーベッドは寝心地が悪い、という常套句を聞いたことがある人は多く、またその言葉を鵜呑みにしている方も多いためか、その悪いイメージは払拭されることなく現在でも残り続けています。

以前であればまさにこの言葉通り、ソファーベッドは寝心地が悪いので間違ってはいませんでしたが、現在においては、その認識は正して欲しい部分になっています。最近のソファーベッドは寝ることと座ること、どちらかの機能に特化している物も少なくなく、またどちらの機能のポテンシャルも向上しているのです。

ソファ重視とベッド重視
ソファーベッドの機能性はソファ機能とベッド機能によって成り立っています。そして商品によっては、この内どちらかの機能が重視されていることが多いです。ソファ重視の商品の場合には、座り心地に関して様々な工夫が成されており、ベッド重視の商品の場合には、人が寝ることに関して工夫されています。

このようにいずれかの機能に特化している商品が多いからこそ、ソファーベッドを購入する前には、自分がどのように使用していくのかを考慮する必要があるのです。

ベッド重視の商品の選び方
主にベッドとしての機能性を求める場合には、ベッド重視のソファーベッドを購入することになりますが、それでは商品を選ぶ際にどのようなポイントに注意するべきなのでしょうか。

大きさと広さで選ぶ

ソファーベッドはソファとしての機能もある程度は必要となるため、どうしてもその大きさや広さに制限がかかってきてしまいます。

ソファとして商品を見るだけでは確認し辛いですので、購入前には必ず、ベッドに変形したら良い寝心地が実現できる広さが確保できるかどうかも確認してください。

一番重要なクッション性

単に座るだけならば柔らかくて心地良い物を選べば良いのですが、ベッドとして多く活用するとなると話は別です。柔らかすぎるのもどこか寝にくいものですので、クッション性についても確認する必要があります。

またクッションは使用していると次第にその柔らかさが損なわれていくものです。クッション性が低下してしまうとソファーベッドの骨組が浮き出ることにもつながり、そうなってしまうと寝心地は最悪になってしまいますので、このポイントにも注意が必要です。

低反発の素材が使われていると、耐久度もなかなか高く、そして寝心地について文句が無いというケースが多いですのでお勧めです。
続いて生地の材質も忘れてはなりません。クッションも良い、広さも適当であったとしても、生地の材質が悪く、手触りや肌触りに違和感があるようならばその魅力は半減してしまいます。

皮革が使用されている商品や、布が用いられている商品もありますので、この点についてはご自身の好みによって選んでいくと良いでしょう。もしも触り心地に難がある場合には、カバーをかぶせることによってこの問題は改善することが可能ですので、その点もしっかりと把握しておいてください。

値段はピンからキリまで
家具はどうしても値が張ってしまうもので、これはソファーベッドも同様です。値段が高い物だと、高級ソファを1つ購入するのと同程度の費用が必要となることもざらにあります。しかしお手頃価格の商品が多いのも事実です。1万円から2万円程度でも充分に役割を果たしてくれる商品もあります。

このように値段はピンからキリまであるわけですが、しかしながら値段が高ければ必ず理想の物が購入できるのかと問われると、実はそういうわけでもありません。ソファーベッドは使用方法が2つある分、自分がどのように使用するのかによって満足度が大きく変化してきます。

例えば主に座る目的があるにも関わらずベッド重視の物を選んでしまうと、値段が高い割には座り心地があまり良くないと感じることもあります。重要なのは自分がどのような目的で使用するかをしっかりと把握した上で、その方法に合った商品を買うことなのです。

ソファーベッドで毎日寝るのだと考えている場合にはやはりベッド重視の物を選べば充実した買い物になることに間違いありません。

ソファーベッドを長く使うためには
ソファーベッドを長期間使っていこうと考えている場合には、そのために使用方法やメンテナンスに気を配る必要があります。

定期的なメンテナンスはソファーベッドのパフォーマンスを最高の状態に維持する上で必要不可欠です。また使用することによってクッションにかかる負担についても、マットレスを敷くことによって軽減させることが可能です。普通のソファやベッドならば座るだけ、寝るだけですが、ソファーベッドの場合はそのどちらの負担も受け止めなければならないため、耐久度が日増しに目減りしていくことになります。使い方に気を付けて、できるだけ長く使用できるように心がけましょう。