ソファーベッド処分はどうやってするの?

処分の方法は大きく3つ

ソファーベッドは大型の家具なので、通常のゴミのように捨てることはできません。もし処分するならば、必要な手続きを経て行う必要があります。まず、自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう方法です。これは自治体によって捨て方が違うので、事前に問い合わせる必要があります。所定の回収場所に持ち込む場合や、回収代金を支払った上で指定された日時、場所に置いておく方法などがあります。

代金の支払いは、シールただ、とにかく大きいのでなかなか運べないという場合もあります。自治体によっては、高齢者や障害者の場合は持ち出しを手伝ってくれることもありますが、基本的には自分で移動することになっています。回収料金がかかる場合は、およそ1000円から3000円ほどかかるようです。申し込んでから回収日まで間があいてしまうので、急いで処分したい時は不向きです。場合によっては数週間を要することがあるので、計画的に処分しましょう。

民間の粗大ゴミ回収業者に依頼する方法もあります。

すぐに対応してもらえますから、急いで処分したい時には最適です。出張回収もしてくれるので、自分でやらなければいけないことはほとんどありません。しかし、当然その分の料金がかかります。業者によって料金が違うので見積もりを取ってもらい、比較してみましょう。およそ3000円から20000円ほどの料金が必要です。

回収業者の中にはリサイクルショップを兼ねている会社もあるので、買い取ってもらえるのであれば回収料金を払わなくて済むことがありますが、ほとんどの場合高額で売れることはないので、回収料金が多少割引になる程度と考えてよいでしょう。

リサイクルショップは、お店によって買取金額が変わります。出張買取も設定されていることが多いので自分で運ぶ手間が省けます。

買取金額の査定については、無料査定できるところがほとんどですが、ソファーベッドは大型家具なので、高く買い取ってくれるところを探しまわるのには不向きな品といえるでしょう。家具店によっては、新しく買い替える時にそれまで使っていた古い家具を引き取って処分してくれるところもあります。無償で引き取る場合と料金が発生する場合があるので、確認しておきましょう。

分解して処分する方法

もし時間と手間を惜しむ必要がないのであれば、自分で解体してしまう方法もあります。組み立て式の商品の場合はドライバーなどを使ってネジやボルトを外せば容易に分解できます。しかし、接着した部分がある時は難儀するかもしれません。

接着するのは木製フレームの部分であることが多いので、切断するなどして自治体の指定ごみ袋に入る大きさにしてしまえば通常の燃えるゴミとして出すことができます。金属性のフレームやスプリングの部分は、小さいものであれば不燃ごみ、資源ゴミとして出せます。大きい時は粗大ゴミとして出さなければいけないのですが、分解する前より移動は簡単ですし、回収料金も安く済みます。

中綿の部分は、燃えるゴミなのかプラスチックゴミなのかの判断が難しいところです。もし不明な場合は自治体に問い合わせしましょう。ゴミの捨て方については、自治体によって違うので確認しておく必要があります。場所によっては粗大ゴミの回収を行っておらず、分解して通常のゴミと同じように出すようにと指示するところもあります。

粗大ゴミとして扱う品目もいろいろあり、マットレスを粗大ゴミとしているところや、木製フレームを木材として通常ゴミとして扱うところもあります。自治体は無料、もしくは安価で処分できるところが長所ですが、規定が細かく決まっているのです。解体する行為自体はなかなか面白いことなので、友人と手分けして行うのも楽しいかもしれません。

その他の処分方法

捨てる他にも、いくつか処分方法があります。リサイクルショップでなく、他の人に譲ってしまうのも有効です。知っている人であれば事情も理解しているので話が早いと考えられます。愛着があって捨ててしまうのが惜しい場合は、他の人に使ってもらうことで安心できます。

しかし、あまり状態の悪いものを渡すと迷惑になってしまうので気をつけましょう。大型の家具は新品で購入すると金額が高いので安く譲ってほしいという人は案外いるものです。特にソファーベッドはソファーとベッドの両方使えるということで気軽に使えるというイメージがあり、興味を持っている人が多いのです。普段からきれいに使うことによって譲り渡す時もスムーズに行えます。

特にカビや害虫の発生には気を付けておきましょう。普段から通気性の良い場所に置いたり、風を通したりしておくと防ぐことができます。また、カバーなどをかけて使っていると汚れを防ぐことができ、外した時に新品のような外見に戻せます。インターネットを使用して他の人に譲るという方法もありますが、ソファーベッドは大きいので輸送の手間がかかります。

また、全く知らない人と対面せずに取引することになるのでトラブルが起きやすいというデメリットもあります。インターネットは、粗大ゴミ回収業者やリサイクルショップを選ぶときには便利です。回収料金表や手続き方法などを見ることができますし、利用した人の感想や評判を調べたりすることができます。

問い合わせる順番について

大きく分けて自治体、回収業者、リサイクルショップの3つの方法がありますが、問い合わせはどんな順番で行えばいいのでしょうか。急ぎであれば回収業者、リサイクルショップ、自治体の順番がよいでしょう。

費用を安く抑えたいのであればリサイクルショップ、自治体、回収業者といったところでしょうか。もちろんリサイクルショップが回収業者を兼ねているところもあり、自治体の粗大ごみ回収が無料のところもあるなど、それぞれの事情が地域や個人によって違うので一概にはいえませんが、おおよその目安として考えてください。特に自治体のゴミ回収について知ることは、地方自治・行政について知識を深めるきっかけになり、地域の事情について詳しく知ることにもなります。自分の地域が暮らしやすいかどうかは、ゴミ処理のしやすさと深くつながっているのです。