ソファーベッドのメンテナンス

ソファーベッドを長持ちさせるために

お手軽に使えるソファーベッドといえど、決して安いものではありません。せっかく購入したのなら長持ちさせたいと考えるものでしょう。そのためにはしっかり掃除をする必要があります。素材によって掃除の仕方が違うので、タグや取り扱い説明書を見て確認しておきましょう。

よくある間違いとしては、本革だと思っていたら合成皮革だったということがあります。質感は似ていますが、お手入れの方法は全く違うので注意しましょう。布地でも、ポリエステルなのか綿なのか、または麻なのかによって取り扱いに違いがあります。まず、合皮の場合は傷が付きやすいので掃除機の吸い込み口など固いものを直接当てるのは避けましょう。

もともと汚れにくい素材なので、通常は柔らかい清潔な布で乾拭きをすればよいでしょう。ホコリを吸着するタイプの柔らかいブラシを使うのも有効です。もしひどい汚れがある場合は、洗剤を薄めたものを着けて軽く拭き、その後洗剤が残らないように拭き取りましょう。素材によっては洗剤をつけると変質してしまうものがあるので、心配な時は目立たない部分につけて試してみましょう。力を入れてこすると表面が傷んでしまうことがあるので、優しく拭くことをこころがけましょう。

本革のメンテナンス

本革の場合は、ブラッシングして表面のホコリを落としましょう。革には目があるので、それに沿って優しく行うことがコツです。掃除機を使う時にはやはり直接当てないようにしましょう。

汚れを拭き取る時にはぬるま湯に着けて固く絞った柔らかい布で、軽く叩くようにして落としましょう。また、革用のクリーナーもあります。これも目立たないところで試してから使いましょう。布製品の場合は、傷が付きにくいので掃除機をかけてもよいのですが、ブラシ型の吸い込み口を使用するのがよいでしょう。柔らかいブラシを利用して汚れを払う方法もあります。

払ったらそのまま掃除機で吸い取ってしまいましょう。麻の場合は毛羽立ちやすいので注意しましょう。表面がポリエステル製の場合は、水拭きができます。軽く湿らせた布でさっと拭いたり、汚れがひどい場合は薄めた洗剤で拭いたりしましょう。もちろん洗剤を使った場合は後でしっかり拭き取っておきましょう。いずれの場合にも、汚れが付いたらすぐに拭き取ることが重要です。飲み物などをこぼしてしまったらすぐにティッシュや柔らかい布で拭き取ってください。シミ抜きの要領で水を含ませた布で拭き取ることも有効です。強くこすると繊維が毛羽立ってしまうので優しく叩くようにしましょう。

汚れにくくするための対処法

汚れの中で最も避けたいのはカビです。見た目が見苦しいだけでなく、悪臭を伴うこともあり、健康面においてもよくありません。先に述べたような方法で汚れを落とすのはもちろんですが、そもそも汚れが付かないような対策をしておきましょう。まず、使用する時に注しなければいけないのは、汚れを付けないようにすることです。ソファーとして使っている時はついつい上で飲食をしてしまいますが、気を付けていても食べカスなどが落ちているものです。肘掛けがテーブルとして使えるタイプなどは便利ですが、食べカスが落ちやすいものは置かないようにしましょう。

もし落としてしまったらすぐに拾ったり、掃除機を使ったりしましょう。そのままにしてアリなどがたかってしまったら悲しいことになります。次にソファーベッドの置き場所です。風通しのよい場所を選びましょう。壁から少し話しておくとさらによいです。また、ずっと同じ場所に置いておくとほこりやゴミがたまっていくので、時々場所を移動させましょう。小さい部屋ではなかなか難しいかもしれないのですが、その時は周辺を掃除しておくだけでも全く違うのでぜひ実行しましょう。マット部分が床に直接触れているタイプのものは汚れが付きやすく、湿気がこもりやすいので、下にすのこを敷いて通気性をよくしましょう。

一時的にでも四隅に本を差し込むなどして空気を入れてあげましょう。普段使う時も、シーツや大きめのタオルなどを敷いて本体に直接汚れが付かないようにしましょう。特にソファーベッドはベッドとしても使うので、夜長時間眠ることになります。睡眠中は想像以上に汗をかいています。それがしみ込んだ状態では悪臭のもとになり、カビが発生しやすくなります。ベッドとして使用する時はマットレスや布団、シーツを敷きましょう。もちろんそれらはこまめに干したり洗濯したりして清潔に保つことが肝心です。これらを敷くことによって、ソファーベッドの弱点のひとつでもある、ベッドの時の寝心地の悪さを改善することができます。

普段から除菌スプレーなどを使用したり、除湿剤や防虫剤を置いたりするのもよいでしょう。ダニの発生はカビと同じくらい怖いものです。人を刺すダニであればかゆくなってしますし、そうでなくてもダニの糞や死骸は喘息やアレルギーの原因になってしまいます。掃除機をかけることで大部分は除去できますが、取り外しができる部分は洗濯をしたりクリーニングに出すとよいでしょう。

通常の掃除機は出し入れが面倒なので、ハンディタイプの掃除機を常にそばに置いておいて、ちょっとした時に欠けるとよいでしょう。吸い込んだゴミが見えるタイプのものだと、どれだけゴミが付いていたかがわかるのでやりがいがあるし、ゴミがとれて清潔になるというのは楽しいものです。粘着テープのローラーをコロコロと転がすのもよいでしょう。

ホコリや髪の毛がたくさん取れてびっくりすることがあります。ただ、あまり粘着力が強いと表面を傷めてしまうことがあるので、粘着力が弱めのものを使いましょう。とかく掃除というのは面倒で、あまりやりたくないというイメージがありますが、少しでもたのしく、やる気がわくように行うとよいのです。また、掃除を行う曜日や時間を決めて、習慣化してしましましょう。掃除をしないとなんだか落ち着かないような気分になるのが理想的です。ソファーベッドはその用途から考えると部屋の中心、生活の中心となるものですから、自然と愛着がわいてくるものです。捨てることになったら悲しいですから、大事に使っていきましょう。