より長く使用するために

ソファーの寿命は素材にもよりますが、一般的に5年~10年といわれています。

もちろん、使い方や手入れのしかたによってはそれ以上長持ちさせることもできますし、逆にそれ以下で劣化してしまうこともあります。

一番傷みやすいのはソファーの表面材とクッション材です。

ファブリックはほこりをまめに取ってあげたり、レザーは乾拭きをしてあげたりすると、長持ちします。

クッション材は中のバネやウレタンに負担を掛けないようにするのが一番ですが、小さいお子様がいらっしゃるご家庭ではなかなかそうもいきません。

もしクッション材がヘタってしまったら、晴れた日に日陰干しをしていただくと、ある程度クッション性が取り戻せます。

しかし、毎日座るソファー。

長く使えば使うほど経年劣化はどうしても避けられません。

お気に入りのソファーと長く付き合うため、面倒くさがらず日々のこまめなお手入れをしてあげることが、ソファーの寿命を延ばすコツですね。